ANAカード

【ワールドプレゼントリニューアル】ANAVISAカードで貯まるボーナスポイントの有効期限に注意

ANAマイルが貯まるクレジットカードの筆頭であるANAカードですが、その中でも三井住友カードが発行するVISAブランドのANAVISAカードは最もマイルが貯まります。

その理由は、三井住友カードのリボ払い方法であるマイ・ペイすリボに登録して上手に利息を発生させつつ利用すると、ポイントが2倍貯まるからです。

ANAVISAカードで貯まる通常のポイントは自動移行を選んでおけば自動的にANAマイルに交換されていきますが、リボ払い利用で貯まるボーナスポイントは応募での交換となり、うっかり有効期限を切らしてしまうと失効します。

今回はANAVISAカードで貯めた三井住友カードのボーナスポイントの行く末についてまとめたいと思います。

ANAVISAカードで貯まるボーナスポイントについて

ANAVISAゴールド・プラチナプレミアムカードの利用者は、リボ払いであるマイ・ペイすリボや利用金額によってボーナスポイントが貯まります。

ボーナスポイントもANAマイルに交換することができるので、ANAVISAゴールド・プラチナプレミアムカードは、他のANAカードよりも高いANAマイル還元率を誇ります。

【ANAマイルをより方法】ANAVISAカードでマイ・ペイすリボに申し込んで毎月の一手間を加えればマイルが1.3倍いや1.6倍にまで|やらなきゃ損ANAVISAカードを安くお得に利用してマイルをよりたくさん貯める方法を詳しく解説しています。...

通常利用で貯まるANAカードのポイント(ワールドプレゼント)は自動移行コースに設定しておけば期限を心配する必要はありませんが、ボーナスポイントは交換応募しなければ貯まっていく一方で、期限が来たら失効します。

ボーナスポイントの有効期限は通常のポイント(ワールドプレゼント)と同じです(公式ページ)。

  1. プラチナ|ポイント獲得月から4年間
  2. ゴールド|ポイント獲得月から3年間
  3. 上記以外|ポイント獲得月から2年間

プラチナ・ゴールドカード以外だと有効期限は2年間しかないので注意が必要です。

かくいうワタシも、何気なく確認したら失効しそうなボーナスポイントがあったので慌てたわけです(ポイント数が雑魚で申し訳ない…)。

三井住友カードのワールドプレゼントはリニューアルに伴い、2020年5月16日から5月31日まで一切のポイント交換ができなくなります。

そこで慌てて貯まっていたボーナスポイントを交換することにしたのです。

三井住友カードのボーナスポイントの交換先について

三井住友カードのボーナスポイントは様々な交換先があります(公式ページ)。

王道はANAマイルに交換することができる【マイレージ移行】コースです。

ボーナスポイントは1ポイント=3ANAマイルに交換することができます。

2020年5月現在はコロナ禍によりせっかく貯まったANAマイルも利用する予定が立たないかもしれません。

そんな時は他のポイントに交換して利用する事もできます。1P→5Pの交換先の方がお得ですね(2020年6月以降はリニューアルにより交換比率の表記が変わります)。

またG-Pointに交換すると交換レートの関係でより高い交換率でANAマイルにすることができます。

しかしその場合「G-Point→JRキューポ→永久不滅ポイント→ANAマイル」とかなり段階を踏む必要がある上に、クレジットカードが2枚必要です。

それでいてマイル還元率は0.05%しか上昇しません。時間も手間もかかるので、ワタシはおすすめしません。

なので、ココは期限切れ間近のポイントも含めてすべてのボーナスポイントをANAマイルに交換申し込みしました。

申し込み2日後にはANAマイルに反映されました。このスピード感は大切ですね。

まとめ

ANAマイルを貯める場合は、ANAカードを利用するのが王道です。ANAVISAゴールド・プラチナプレミアムカードなら、リボ払いを上手に利用することによりボーナスポイントがさらに貯まります。

しかしボーナスポイントは自動で移行や交換が行われないので、有効期限が切れたら失効してしまいます。

2020年6月からの三井住友カードのポイントであるワールドプレゼントリニューアルに伴い、5月16日以降ポイント交換ができなくなります。

もし2020年5月末が期限のポイントが有る場合は、早急に交換しておきましょう。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す