ANA/AMC

【ANA/VISAカードで少しでもマイル還元率をアップさせる方法】マイ・ペイすリボに申し込んで毎月の一手間を加えればマイルが1.3倍いや1.6倍にまで|やらなきゃ損

クレジットカードの世界5大ブランド「VISA」「Mastercard」「AMEX」「Diners」「JCB」のうち、日本でのVISAとMastercardを牛耳っているのが三井住友カードです。

VISAブランドだけでもクレジットカード発行ブランドの半分以上を締めており、まさにNo.1。そして三井住友カードには、三井住友カードのリボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」に登録すると対象のクレジットカード年会費を半額、または割引や無料にするサービスを行っています

年会費が半額というのはかなり大きなサービスで、利用しない手はありません。今回はまず三井住友カードが発行するVISAブランドのクレジットカードで、年会費を半額または割引・無料にする方法についてご説明します

さらに三井住友カードが発行するANA/VISAカードではマイ・ペイすリボを利用してボーナスポイントを貯めることができます。ポイントはANAマイルに交換できるので、他の国際ブランドを持つANAカードの中でもマイルを貯める効率は圧倒的に高くなっています。そのオトクな方法についても解説していきたいと思います。

三井住友カードのリボ払いサービス「マイ・ペイすリボ」とは?

マイ・ペイすリボとは三井住友カードのリボ払いサービスの方法です。

リボ払いとは、毎月の支払い金額を決めておき、支払い金額以上の支払いは翌月以降に回すことのよって、急で大きな出費の支払いにも対応することができるサービスです。

そして翌月に回された分はリボ払い手数料という名の利息がかかります(実質年利15%)。便利な支払い方法ではありますが、支払いを繰り越していくとだんだん利息が増えていくシステムとなっています

三井住友カードのマイ・ペイすリボはまさにこのリボ払いそのもののサービスなんですが、設定した金額以上の利用額に達しても期日までに増額申請を行い全て支払いを済ませてしまえば利息はかかりません

また設定した金額以下の利用の場合は、1回払いと同様に利息のことは心配せずカードを利用することができます

三井住友カードのマイ・ペイすリボに申し込むメリットは?

毎月定額支払制度としてのマイ・ペイすリボは便利ですが、手数料がかかります。支払能力が十分あれば申し込む必要もないものですが、三井住友カードではマイ・ペイすリボに申し込むことのメリットが多数存在します

以下がマイ・ペイすリボの特典となっています。

  1. 初年度年会費無料
  2. 年1回以上カードを利用すれば翌年度以降も年会費無料
  3. リボ払いで支払いと、ワールドプレゼントのポイントが2倍

年会費については一部半額・割引となるカード、または特典の対象とならないカードがあります。どちらかと言えば年会費半額・割引の方が多いと思います。

また一部の提携カードや法人カードなどは、ワールドプレゼントのポイントボーナスは対象となりません。

1,2.マイ・ペイすリボの特典|年会費無料・半額・割引サービスについて

マイ・ペイすリボの大きな特典としては、登録の上で年に1回以上カードを利用すればカードの年会費が無料または半額になることです。

対象カードは以下のとおりです。

三井住友VISAカード
バーチャルカード
無料
ゴールドカード
プライムゴールドカード
ヤングゴールドカード
エグゼクティブカード
半額
一部の提携カード割引

実際にANAカードを含めて関係してくるのは「一部の提携カードの割引」になるので、そちらの詳細を確認しましょう。

ANA/VISA・マスターカード通常マイ・ペイすリボ登録後
ANA(一般)初年度:無料
翌年度:2,000円+税
初年度:無料
翌年度:1,025円+税
ANA/VISA/Suicaカード
ANA/VISA/nimocaカード
初年度:無料
翌年度:2,000円+税
初年度:無料
翌年度:751円+税
ANA/TOKYU/PASMOマスターカード初年度:無料
翌年度:2,000円+税
初年度:無料
翌年度:751円+税
ANA(ワイド)7,250円+税6,275円+税
ANA/SFC10,250円+税9,275円+税
ANAゴールド(ワイド)14,000円+税10,500円+税(-1,000円+税)
ANA/SFCゴールド15,000円+税11,500円+税(-1,000円+税)
ANA/VISAプラチナ80,000円+税通常と同じ

※他にも割引サービスを受けれる提携カードはあるのですが、ワタシ的にあまりメジャーじゃないので、公式ページでご確認下さい。
※利用代金Web割引明細書サービスの年会費割引(最大1,000円+税)と併用できるのはワイドゴールドカードのみ。

この中でお得なのはやはりANA(SFC)ゴールドカードで、その特典に比して高い値引率を誇っているので人気のカードとなっています。

3.ワールドプレゼントのポイントが2倍に

上記の年会費割引サービスはマイ・ペイすリボに登録した上で1回以上利用すればいいので、リボ払いの利息を発生させないように利用していけばメリットしかありません。

次のワールドプレゼントのポイントを2倍にする特典を受けるためには、リボ払いでの支払いが必要になります(利息:リボ払い手数料を発生させる)

利用代金の請求月に「リボ払い手数料」の請求がアレば、通常のワールドプレゼントのポイントに加えて、同じポイント数のボーナスポイントがプレゼントされます

ワールドプレゼントのポイントとは利用金額の合計1,000円ごとに1ポイントプレゼントされる三井住友カードのポイントのことです。

ワールドプレゼントのポイントの価値は1ポイント=5円と言われています。1,000円=1ポイント=5円の価値なので、ポイント還元率は0.5%と言えます。

これは一般的なクレジットカードとしては低い方ですが、マイ・ペイすリボに登録してボーナスポイントを発生させるように利用すれば、ワールドプレゼントのポイントと同数のボーナスポイントが付与されるので、ポイント還元率も1.0%となり、標準的なクレジットカードのポイント還元率となります

三井住友カードでお得にポイントを貯めるためには、マイ・ペイすリボへの登録と利息(リボ払い手数料)を発生させる利用方法の活用は必須と言えるでしょう。

ANA/VISAカードでよりマイルを貯める方法

今までは三井住友カードの一般的なマイ・ペイすリボを利用したおトクなポイント獲得ルールを説明してきましたが、ここからは年会費の割引率が高いANAカードに絞って話を進めていきたいと思います

なぜならANAカードの場合、最終的に貯まったポイントをANAマイルにするのですが、そのマイル還元率が少し変則的だからです。

【ANAクラシック会員の場合】

ANAクラシック会員(ワイド・ANA/VISA/Suica,nimocaなど)の場合は、ANAマイルにするコースが2つあります

5マイルコース1ポイント=5マイル手数料無料
10マイルコース1ポイント=10マイル手数料6,000円+税

VISAのポイントは1,000円=1ポイントの付与なので、

  • 5マイルコース|0.5%マイル還元率
  • 10マイルコース|1%マイル還元率

となります。多くのマイルが貯まるクレジットカードで一般的な還元率は1%なので、メインカードとして利用している場合は、手数料を支払って10マイルコースにすることが多いです。

対して、ANA/VISAnimocaのように、メインカードではなくサブカードで決算額が少ない場合は5マイルコースでも十分となります。

【ANAワイドゴールド/VISAプラチナプレミアム会員の場合】

ANAゴールド会員(ワイドゴールド・SFCゴールド)やANA/VISAプラチナプレミアムカード(SFC)の場合は、いずれの場合も移行手数料は不要で以下のような交換率となります。

ANAゴールド1ポイント=10マイル手数料無料
ANAプラチナプレミアム1ポイント=15マイル手数料無料

ANAプラチナプレミアムカードの場合は通常利用でも1ポイント=15マイル、つまりマイル還元率は1.5%となりマイルを貯めるためには優秀なカードとなっています。

しかしネックとなるのは年会費です。1%以上のマイル還元率を得るための代表的なANAカードの年会費は以下のとおりです。※マイ・ペイすリボ適応の年会費割引が大前提

年会費(税抜)SFC付帯
ANA/VISAワイドゴールド6,275+6,000円9,275+6,000円
ANA/VISAゴールド10,500円11,500円
ANA/VISAプラチナ80,000円80,000円

※Web明細サービス申し込みでANA/VISAゴールドだけさらに1,000円割引されます。

比較してみると、ANA/VISAプラチナプレミアムカードの年会費は突き抜けて高く、ANAワイドカードは1%マイル還元率のために手数料をつけるとANA/VISAゴールドカードよりトータルとして年間のコストが高くなってしまうことが分かります。

よってANAマイラーの中では「ANA/VISAゴールドカードこそが最強」と言う結論になっています。

そしてこの年会費割引サービスを適応された中では、同じゴールドカードの中でもJCB/AMEX/Dinersと比較してもANA/VISAゴールドがダントツで年会費が安くなります

ANA/VISAゴールド・プラチナプレミアムカードのマイルの貯め方

ココからは年会費やマイル還元率を考慮すると最もお得なANA/VISAゴールドカード、そして最もマイル還元率が高くなるANA/VISAプラチナプレミアムカードを利用したお得なポイント=マイルの貯め方を解説していきます。

前提条件として

  • マイ・ペイすリボ申し込み済

が必須です。

さらに重要なポイントは「マイ・ペイすリボ利用で追加付与されるボーナスポイントのマイル還元率は1ポイント=3マイル」という点です。

ボーナスポイントはマイルに交換しなければ通常のワールドプレゼントポイントと同じ価値なのですが、マイルにすると

  • ワールドプレゼントポイント|1ポイント=10マイル(または5マイル)
  • ボーナスポイント|1ポイント=3マイル

とその価値が下がります。

それを考慮した上でのマイル還元率は以下のように積み上がっていきます。

通常利用マイ・ペイすリボ利用最大マイル還元率
ANA/VISAゴールド100円=1マイル100円=1.3マイル同左
ANA/VISAプラチナ100円=1.5マイル100円=1.8マイル同左

マイ・ペイすリボを利用した上でのマイル還元率は以下のようになります。

  • ANA/VISAゴールドカード|1.3%マイル還元率
  • ANA/VISAプラチナプレミアムカード|1.8%マイル還元率

しかしある方法を利用すれば、マイル還元率をさらに高めることができます。マイ・ペイすリボを利用したマイル還元率アップの方法と、さらに還元率を上積みする方法を解説していきたいと思います。

必要なテクニックは以下のとおりです。

  1. マイ・ペイすリボを利用したボーナスポイントの獲得
  2. ポイントサイトを利用したマイル還元率の上昇方法
  3. 年間利用累計金額を利用したボーナスポイントの獲得

これらを解説していきたいと思います。

1.マイ・ペイすリボを利用したボーナスポイントの獲得方法

まず大前提であるマイ・ペイすリボを利用したボーナスポイントの獲得方法を解説します。

三井住友カードのリボ払い制度であるマイ・ペイすリボは申し込むだけで(初年度)年会費が無料になったり、年会費が半額または割引になったりします。

その場合はマイ・ペイすリボに申し込み済なだけでよく、利息(リボ払い手数料)を発生させる必要はありません。

しかしワールドプレゼントのポイントを2倍にするためにはリボ払い手数料の請求を発生させなくてはいけません。しかしその金額は発生させればいいだけなので、極端な話1円でもOKです。

ですので、リボ払いの設定金額を超える分だけ増額申請を行い、申請の際に全額を支払うのではなく一部を追加して支払います

具体的な方法は三井住友カードのマイページである「Vpass」にアクセスした後に以下の通りに行います。

リボ払い&キャッシングタブ
「お支払い金額の変更」
支払い金額の「増額」を申し込む
「次回支払い金額」の増額を申し込む
「一部追加をして支払う」を選択

この画面が重要です。ここでリボ払いの手数料を発生させない場合には「すべてを支払う」を選択すればOKです。年会費の割引を受けるためにリボ払いを申し込みしているけど、リボ払い手数料を発生させてもボーナスポイントがもらえない場合はこのケースです(表示されているハワイアンエアラインズVISAカードもこのパターン)。

ANA/VISAカードの場合は違います。この画面で「一部追加して支払う」を選択します。そしてリボ払い手数料を発生させるために少額を残して増額申請を行います

一部追加して支払う場合は千円単位でしか増額できません。例えば上記のパターンだと追加支払いできる額は24,510円ですが、追加できるのは2万4千円まです。端数の510円はリボ払い手数料発生の対象となります

しかし今回はわざと少額をリボ払い手数料発生の対象にするために残して追加支払いをするための手続きなので、これで問題ありません

複雑な計算は省きますが、リボ払い手数料を発生させるための残金が200円を切るとリボ払い手数料が0円となりボーナスポイントがもらえない可能性があるので、その場合は残金が1,200円となるように設定しましょう(ホントはもう少し少なくても大丈夫ですがそこまで攻める必要はありません)。それでも発生する手数料は10数円です。

この手続きを毎月行うことによって、通常ポイントと同数のボーナスポイントが付与され、そのボーナスポイントを利用して通常より100円=0.3マイル還元率をアップさせることができます

通常利用マイ・ペイすリボ利用ここまでの最大還元率
ANA/VISAゴールド100円=1マイル100円=1.3マイル100円=1.3マイル
ANA/VISAプラチナ100円=1.5マイル100円=1.8マイル100円=1.8マイル
貯まるのはボーナスポイントのため手動でマイルに交換する必要があります。

2.ポイントサイトを利用したマイル還元率の上昇方法

上記のようにマイ・ペイすリボを利用したボーナスポイントの獲得により、100円=0.3マイルになるポイントが入ります。Vpassに貯まったボーナスポイントはVpass内で手数料無料でマイルに交換することができます

しかし実はいくつかの手間を加えると、ボーナスポイントのマイル還元率が上昇します。それは「ポイントサイトを経由する」ことです。

Vpass内のポイント交換手続きの際、「マイレージ移行」ではなく「ポイント移行」を選択します。

ポイント移行先の中にポイントサイト(ポイント交換サイトの)G-Pointがあるので、それを選択します。

ワールドプレゼントポイント(ボーナスポイント)は1ポイント=5Gポイントに交換できます。
>>>Gポイントに登録してない方は、登録無料なのでとりあえずコチラから登録しておきましょう。

さらにG-pointのポイントは100ポイント=100LINEポイントの交換率でLINEポイントに交換できます。

LINEポイントは90%の交換率でメトロポイントに交換でき、メトロポイントはさらに90%の交換率でANAマイルに交換できます。

LINEルートnimocaルート
100ワールドプレゼントポイント100ワールドプレゼントポイント
1ポイント=5Gポイントに交換1ポイント=5Gポイントに交換
500Gポイント500Gポイント
x1.0でLINEポイントに交換x1.0でnimocaポイントに交換
500LINEポイント500nimocaポイント
x0.9でメトロポイントに交換x0.7でANAマイルに交換
450メトロポイント350ANAマイル
x0.9でANAマイルに交換
405ANAマイル
100円=0.405マイルの還元率100円=0.35マイルの還元率

実はGポイントをANAマイルに交換する方法はいくつかあり、代表的なものがLINEルートです。LINEルートについてはワタシは利用していないので、下記大御所の記事をご参照ください。

ワタシはポイントをマイルに交換するのにニモカルートを利用してANAマイルに交換しております。

【ニモカルート|ANA/VISAnimoca】nimocaポイントをANAマイルに交換してマイルを貯めよう 「陸」で貯めたポイントを利用して各航空会社のマイレージプログラムの「マイル」を貯めている方々は「陸マイラー」と呼ばれています。「...

ご覧のようにニモカルートはマイル還元率という点ではLINEルートより悪いのですが(LINEルートのマイル還元率81%:ニモカルートのマイル還元率70%)、手間が少なくて迅速にマイルに交換できる点が気に入っています(ポイントのマイル交換まで|LINEルート2ヶ月近くかかる:ニモカルート最短で4日)。

通常利用マイ・ペイすリボ利用ポイントサイト経由
ANA/VISAゴールド100円=1マイル100円=1.3マイル100円=1.405マイル
ANA/VISAプラチナ100円=1.5マイル100円=1.8マイル100円=1.905マイル

3.年間利用累計金額を利用したボーナスポイントの獲得

最後に年間利用累計金額を利用したボーナスポイントの獲得で、さらなるポイントの上積みを狙います。この方法はANA/VISAプラチナプレミアムカードは対象外なので、ANA/VISAゴールドカードに適用される方法です。

三井住友カードは前年度支払いの買物累計金額(2月~翌年1月分)によって、翌年度のステージが設定されます。そのステージと支払いの買物累計金額に応じて、ボーナスポイントが さらにプレゼントされます。

ANA/VISAゴールドカードの場合、適応されるのはゴールドのレートです。コレを事細かく計算するのは非常に大変なので、毎年300万円ちょっとをANA/VISAゴールドカードで決済しているパターンを想定してみます。その場合はステージV3になり、マイル還元率も最大になります

ステージV3を達成した翌年度に50万以上利用した移行は、10万円毎にボーナスポイントが60ポイント付与されます。

60ポイントはLINEルートを利用すると243マイルになります。100円=0.243マイルの上積みがされ、1.405+0.243=1.648となり100円=1.648マイルまで還元率が上昇します。

通常利用マイ・ペイすリボ利用ポイントサイト+
ステージボーナス
ANA/VISAゴールド100円=1マイル100円=1.3マイル100円=1.648マイル
ANA/VISAプラチナ100円=1.5マイル100円=1.8マイル100円=1.905マイル

ANA/VISAカードのマイル還元率についての考察

ここまで細々と説明してきましたが、最終的なANAカードのマイル還元率の最大値は以下のようになります。

  • ANA/VISAゴールドカード|100円=1.648マイル
  • ANA/VISAプラチナカード|100円=1.905マイル

ANA/VISAプラチナプレミアムカードの方がおトクなマイル還元率なのは間違いないですが、年会費が違います。各種割引を加えてANA/VISAゴールドの年会費が約10,000円なのに対して、ANA/VISAプラチナプレミアムカードは80,000円強の年会費が必要です。

ANA/VISAゴールドカードはその年会費のリーズナブルさに対するマイル還元率の高さが素晴らしく、それ故最強のANAカードと言われています。

でも、でもですよ、ワタシはちょっとそれに異議を唱えたいところです。なぜなら毎年のカード継続による継続マイルの獲得を考慮するからです。カード継続で付与されるマイルは以下のとおりです。

  • ゴールドカード|2,000マイル
  • プレミアムカード|10,000マイル

それらを考慮して、年間300万円決済できるヒトが両者のカードを使ったと仮定すると

ANA/VISAゴールドANA/VISAプラチナ
300万円決済49,440マイル57,140マイル
カード継続マイル2,000マイル10,000マイル
年間獲得マイル51,440マイル67,150マイル
獲得マイル差15,710マイル

両者の年会費の差額は75,000円です。もちろん大金ですし毎年払う度にゾッとする金額ではあるのですが、75,000円で15,710マイルを獲得できると考えるとそれなりにお得だと考えられます。

さらに300万円決済の中にANA航空券の購入が含まれていると

  • ゴールドカード|100=2マイル:搭乗ボーナスマイル|25%
  • プレミアムカード|100円=3.5マイル:搭乗ボーナスマイル|50%

の差があり、搭乗ボーナスマイルの差も考慮するとANA/VISAゴールドカードとプラチナプレミアムカードの年間獲得マイル数は更に広がっていきます。

ANA/VISAゴールドカードがおトクなマイル獲得ANAカードなのは疑う余地もないのですが、その最大マイル還元率100円=1.648マイルに到達する年間300万円以上も1枚のカードで決済できる人ならば、正直ANA/VISAプラチナプレミアムカードの方がいいんじゃないかなぁ〜とちょっと思ったりもするわけです。

まとめ

ANAマイルを貯めるためには最強と言われているANA/VISAカードのマイル還元率を最大に上げるための方法を解説しました。

その手法は三井住友カードのマイ・ペイすリボに登録した上で、毎月少額を残した上での繰り上げ返済が必要です。さらに獲得したボーナスマイルをポイントサイトを3-4個経由してマイル還元率をアップさせることです。

しかしその手間を惜しまなければ、(年に300万円程度決済するほど利用すれば)年に9,000マイルほど多く獲得できる計算になります。

ただボーナスポイントを直接ANAマイルに交換してもポイントサイトを経由して交換しても300万円決済で3,000マイルぐらいしか変わりません

その程度の違いでしか無いので、マイ・ペイすリボの繰り上げ返済はいずれにせよ利用したほうがお得ですが、特にANA/VISAプラチナプレミアムカードホルダーはいちいち獲得したボーナスポイントをポイントサイトを経由するより、1回ANAの航空チケットを購入して旅に出た方がよっぽど効率的だとは思います。

コメントを残す