ハワイ旅行

【ホノルル空港保安検査場の突破時間も】ANAチェックインカウンターから新設されたホノルル空港のANAラウンジまでの徒歩時間は?

フライングホヌ、乗っていますか??ANAが満を持して(やむを得ずかも)投入した成田ーホノルルの巨大機体のA380は、今までの倍となる輸送能力とそのワクワクする機体や演出により、JALの牙城だったハワイ路線を切り崩しつつあります。

そしてフライングホヌに合わせて新設されたのが、ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル国際空港)のANAラウンジ・ANAスイートラウンジです。

しかしこのホノルル空港のANAラウンジですが、ANAのチェックインカウンターから非常に遠いということでも有名です。

2019年に利用する機会があったので、ANAのチェックインカウンターからANAラウンジ(兼搭乗口)までどのぐらい時間がかかったのか測定してみました

ダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル)のANAラウンジの場所

現在のダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル国際空港)ではハワイアン航空はターミナル1で、その他の航空会社はターミナル2に振り分けられています。

そしてANAのチェックインカウンターはターミナル2の2Fフロアの中でも、向かって1番左の方に位置しています。

以前はANA利用者が利用できるユナイテッド航空のラウンジであるユナイテッドクラブに最も近かったから便利だったのですが、新設されたANAラウンジはユナイテッドクラブから最も遠い対極の場所に造られました。

結果、ANAラウンジはANAのチェックインカウンターからは最も遠い場所となってしまったのです。

コレばかりはA380という総2階建てのフライングホヌに対応したボーディングブリッジを造るためにやむを得なかったのでしょう。

ANAラウンジがあるエバコンコース(Gate C1~C9)はANAラウンジがあるフライングホヌの搭乗口以外はほぼハワイアン航空(とデルタ)の搭乗口で占められています。

そして次に近いセントラルコース(Gate E1~E10)は多くのJAL機(とデルタ)が駐機します。

なので羽田発着のANA便は以前のダイヤモンドヘッドコンコース(Gate G1~G6)に振り分けられる可能性があります。

その場合、成田発着のフライングホヌを利用しないANA便利用者(羽田発着便が主)にとって、ANAラウンジは搭乗口からとてつもなく遠い位置となります。

またフライングホヌ1号機〜3号機まで(今のところは2機の運航)が搭乗口利用で時間がかぶる場合は、どれか1機しかANAラウンジに横付けできるGate C4は利用できません。

では、実際のチェックインからANAラウンジまでの時間を測定していきます。

ダニエル・K・イノウエ国際空港ANAチェックインカウンターから制限エリアまで・・分

この時はロイヤルハワイアンホテルをチェックアウトして、チャーリーズタクシーを利用してダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル国際空港)に向かいました。

【ワイキキからホノルル国際空港までの移動時間測定】チャーリーズタクシーを利用して空港に戻るまでの時間を覚えておこう 楽しかったハワイ旅行、でもいつかは帰らなくてはいけません。なるべく長く滞在したいけど、飛行機は待ってくれません。 ダニエル...

渋滞にビビってしまったので、出発時刻の2時間半前に到着しました。

8:47

11時30分出発のANAフライングホヌに乗り込むため、8時47分にホノルル国際空港のANAチェックインカウンター前に到着しました。

チェックインカウンターのオープンは出発時刻の3時間前です。

この時は11:30が出発時刻だったのでカウンターオープンは8:30頃となり、早すぎるとチェックインができません。

ご覧のようにどのカウンターもほとんど並んでいません。若干早く着きすぎたようです。

8:52

チェックインの際にANAラウンジの説明を受けます。案内には徒歩で約15〜20分ほどかかります、と記載されています。

利用できるTSA(保安検査場)はTSA5とTSA4と説明されます。どちらでもOKですが、ゴールドレーンはTSA4にあります

たぶんTSAはどこを利用しても大丈夫?
8:53

ANAカウンターのすぐ横にあるTSA5の8時53分の様子です。ガラガラです。それでもココを突破するのに10分以上はかかると思います。厳重なのか仕事が遅いのか…

8:55

せっかくダイヤモンドパワーでゴールドレーンが利用できるので、TSA4に向かいゴールドレーンに並びました。

ご覧のように8時55分の段階ですが、こちらも空いています。ワタシの前には数人しかいません。

しかしココはクルーが次から次へと入ってきて優先して通っていくので、手前までたどり着いて靴まで脱いでいる段階でもなんだか随分待たされました

9:13

結局保安検査場を抜けて出国審査を受け制限エリア内に入ったのが9時13分なので、あれだけ人が少なかったのに20分近く突破に時間を要したことになります。

この程度の人数で20分もかかるようじゃ、もっと人数が増えたらさらに時間がかかるのは容易に想像ができます。

出国手続きにはやはり最低でも30分以上かかると思っておいたほうが良さそうです。

ANAチェックインカウンターから制限エリア内まで約30分かそれ以上

今回提示している時間はたった1回の測定値なのでもっと早い時もあれば遅い時もあることにご留意ください

ワタシはANAのプレミアムメンバー(ダイヤモンド・SFC)なのでANAチェックインではほとんど時間がかかりませんが、ノンステータスのエコノミークラス利用だと空いていても多少時間がかかることが予測されます。

ダニエル・K・イノウエ国際空港制限エリア内に入ってからANAラウンジまで・・分

続けてダニエル・K・イノウエ国際空港の制限エリア内に入ってからANAラウンジまで徒歩での時間を測定します。

TSAを過ぎてすぐに上の階に上がったところに、ANAラウンジ周辺に行くシャトルバスが出ています。

15分おきで5分ぐらいで着くようです。

途中買い物などに興味がなければ徒歩でなくシャトルバスを利用するのもありです。

今回はANAチェックインカウンター横のTSA5ではなく少し進んだTSA4から入っているので、制限エリア内に入ってからの距離が少しだけ短くなっています(1−2分程度ですが)。

9:13

では早速エバコンコースのGate C4に向かって9時13分に出発します。

途中色々ショップがありますが、基本的にスルーです。お土産は空港の制限エリア内でも買えますが、バリエーションが少ないのでココで買おうと思わない方がいいと思います。

9:18

ダニエル・K・イノウエ国際空港はオープンエアの空港なので、窓ガラス越しではない景色を見ることができます。遠目にお世話になるフライングホヌが見えてきます。でかいし、まだまだ距離があることが分かります。

9:27

エバコンコースに入るところ、C1の手前にJALのサクララウンジ・ハレがあります。

ここに到達した時刻が9時27分ですから、ココまでですでに出発から15分近く経っています。子連れなので多少歩みは遅いのですが、それにしてもたしかに遠い。

9:32

サクララウンジ・ハレを通り過ぎて数分歩き、9時32分にANAラウンジの下にあるゲートC4に到着しました。

ラウンジが利用できない人たちはC4手前の搭乗口で待機することになりますが、出発2時間までなので待っているヒトはまばらです。

ANAラウンジに向かうにはこのエスカレーターを利用して3階に登ることになります。

9:34

エスカレーターを登って左手に曲がればANAラウンジ・ANAスイートラウンジの入口に到着します。到着したのは9時34分でした。

制限エリア内に入ったのが9時13分だったので、ちょっともたもた移動しましたが、結局ANAラウンジまで20分ぐらいかかりました

制限エリア内に入ってからANAラウンジまで20分

たぶん大人の足で横道にそれなければ15分はかからないかもしれません。それでも20分間歩くというのはなかなかの距離ですよ。

ダニエル・K・イノウエ国際空港からANAラウンジまでの所要時間

最終的にダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル国際空港)に到着してから実際にANAラウンジに到達するまでの時間ですが

  1. ANAチェックインカウンターから制限エリア内まで|20分
  2. 制限エリア内に入ってからANAラウンジまで|20分

計40分を要したことになります。

コレはワタシが利用した【繁忙期】【平日】【ANA第1便】という要素に、ANAダイヤモンド会員というステータスが合わさった時間です。

例えば繁忙期を過ぎていれば、チェックインカウンターや保安検査場の混雑も少なくなるでしょう。

平日ではなく土日だと利用者は増えるはずです。

第1便ではなく第2・3便以降だと利用者が経時的に増えていくので、混雑はひどくなる傾向になるでしょう。

そう言う諸々のことを含めて、空港に着いてからANAラウンジ(つまり搭乗口)までの到達時間は1時間ぐらいを見積もっておくといいのかもしれません

まとめ

ハワイオアフ島でANA便、特にフライングホヌ搭乗時に必要な情報として、ANAラウンジまでの距離や時間があります。

そこでダニエル・K・イノウエ国際空港(ホノルル国際空港)に到着してチェックインしてからANAラウンジまでの時間を測定してみました

結果としてトータルで40分という時間を要しました。

この時間は比較的早いほうだと思います。やはり1間は見積もっておかなくてはいけません

国際線利用時は出発1時間前には最低でも制限エリア内に入っておきたいところです。しかもそれは日系エアラインの場合で、受託手荷物がある場合外国系なら1時間半は必要でしょう。

個人旅行では航空機の出発時刻、または搭乗開始時刻を意識して逆算しながら行動しなくてはいけません。

【ワイキキからホノルル国際空港までの移動時間測定】チャーリーズタクシーを利用して空港に戻るまでの時間を覚えておこう 楽しかったハワイ旅行、でもいつかは帰らなくてはいけません。なるべく長く滞在したいけど、飛行機は待ってくれません。 ダニエル...

昨日のワタシの記事を加えれば、ワイキキ周辺を出発するのは最低でも2時間前、と言ったところでしょうか。もっと余裕があったほうがいいことは間違いありませんが。

今回ご提示した時間がなにかの参考になれば幸いです。

コメントを残す