ダイナースクラブカード

【クレカバカへの道】ついに来たANAダイナースプレミアムカードへのインビテーション|イクなイクなと言われると突撃したくなるダチョウ倶楽部的感覚

ANAダイナースプレミアムカード、それは数あるプレミアムなクレジットカードの中でも最高峰の1つでした。

何が最高峰かって、そのサービスに付帯する年会費が(一般人には)最高峰です。年会費「155,000円(税抜)/家族会員無料」とは、一般的な感覚では正気の沙汰ではありません。

それでいてサービスまで最高峰かと言われると、以前はそうだったらしいのですが、今ではどうもきな臭いです。

少し詳しく解説していきたいと思います。

ちなみにワタシはANAダイナースクラブカードは所有していますが、ANAダイナースプレミアムカードは手にしたことがありません。近くにホルダーがいて話を聞く機会があるのと、自分で調べたことだけが手持ちの札です。

やはり実際に利用した方の評価が最強と思います。ANAダイナースプレミアムカードのリアルなメリット・デメリットについては旅カエルさんの下記の記事をご参照下さい

本記事はANAダイナースプレミアムカードを愛して今も利用している人にとっては多少不愉快な内容が含まれるかもしれません。

しかしワタシも欲しいからこその苦悩と苦言なのです。ホントは欲しいんです。ご理解いただけたらと存じます。

実際に話聞きそして感じるANAダイナースプレミアムカードのメリット

ANAダイナースプレミアムカードは年会費が税抜き155,000円も必要なプレミアムなカードです。カードの中では間違いなくブラックカードでOKという位置づけなスーパーなクレジットカードです。

スーパーな理由は年会費だけでなく、その年会費に見合う特典(ベネフィット)があるからのはずです。

現時点でワタシが思うANAダイナースプレミアムカードのメリットを上げてみようと思います。

  1. 100円=1.5マイルのマイル還元率
  2. ANA航空チケット購入なら100円=4.5マイル
  3. 入会・継続で10,000マイル
  4. 24時間年中無休のコンシェルジェサービス
  5. 手厚い国内・海外旅行保険
  6. 家族カード無料

ぐらいでしょうか。その他トラベル&エンターテイメント系のカードとして旅行にダイニングに様々なベネフィットが用意されていますが、ハッキリ言って使いこなせません!

なのでメリットと言えば上記に上げた6つぐらいだと思っています。

はたしてこれらのメリットは年会費155,000円(税抜)と言う恐ろしい年会費に見合うのでしょうか?

ANAダイナースプレミアムカードは唯一無二のブラックカードなのか?

前項に上げた6つのメリットは唯一無二の特典なのでしょうか?

  1. 100円=1.5マイル|ANA/VISAプラチナプレミアムカードでも同等
  2. ANA航空チケット購入で100円=4.5マイル|ANA/VISAプラチナプレミアムカードは100円=3.5マイル、ANA/AMEXプレミアムカードは同等の100円=4.5マイル
  3. 入会・継続10,000マイル|ANAプレミアムカードはすべて同等
  4. コンシェルジェサービス|ラグジュアリーなカードはすべてあり(質は異なる)
  5. 旅行保険|ラグジュアリーなカードの中では普通、年会費3分の1のJCB the CLASSとも同程度
  6. 家族カード無料|全く同じステータスの家族カードが無料だがアメプラ(枚数制限はあり)も同等

普段利用からメリットがあるとすれば、100円=1.5マイルの還元率やANA航空チケット購入の100円=4.5マイルぐらいです。

2018年12月までは100円=2マイルの還元率となっており、そこさえキープできていれば唯一無二のカードになり得たのですが、それすらも失われてしまいました(オリジナルのダイナースプレミアムカードは100円=2マイルのまま)。

例えばですが、ANAのダイヤモンドステータスを取得するためにANA航空チケットを100万円決済します。それをANAダイナースプレミアムカードとANA/VISAプラチナプレミアムカードで比較してみます。

  • ANAダイナースプレミアム|45,000マイル
  • ANA/VISAプラチナプレミアム|35,000マイル

その差は10,000マイルありますが、両者の年会費の差は81,000円

ANA/VISAプラチナプレミアムカードは三井住友カードのプラチナサービスに準ずる特典があり、今までの評価ではダイナースの方がサービスの質としては上でした。

つまりベネフィットの質の差+10,000マイル=81,000円の計算が成り立つのか?と言うことですが・・・

その評価はヒトそれぞれです!

ただ多くの人にとってその計算は成り立たないでしょう。

VISAとDinersの違いは果てしなく大きい

ダイナースクラブカードはここ1年でそのベネフィットをどんどん傷つけてきました。

【さらなる改悪】ダイナースクラブカードの移行上限が40,000ポイントに|上限はないままのANAダイナースプレミアムのポイント付与が100円=1.5ポイントに! 最近いい噂を聞かないダイナースクラブカードのサービス改定の話を耳にしました。ダイナースクラブカードは昔からファンが多いクレジット...

マイル還元率の減少やマイル交換数の上限低下などは目に見えて大きいものです。

さらに公共料金や税金などはもちろんのこと、下記のような普段利用でのマイル還元率まで下げてきたのです。

  • 総合病院等大型病院
  • 有料道路通行料金
  • ETC利用料金
  • 保険料
  • プロバイダー等通信料
  • 電話・携帯通話料
  • 有料放送サービスおよびそれら加盟店のご利用

それらの支払いにおいて、VISAカードだったらマイル還元率が半減したりゼロになったりすることは今のところありません

さらにダイナースカードの海外で利用できるケースの少なさたるや致命的です。世界中どこでも使えるVISAブランドとアメリカと日本で主に通用するダイナースブランド。噂話ですが、ダイナースクラブカードの営業の人ですら「国内専用のカードです」とか言っちゃうぐらいですから^^;。

マイル還元率だけでは語れない大きな壁がVISAとダイナースの間にはそびえ立っています。

結局ANAダイナースプレミアムカードは発行する価値があるのか?

ツイッターでも反応がありましたが、現時点でANAダイナースプレミアムカードを発行する価値があるのかどうかということですが・・・

やめなはれ〜

という意見しか耳に入ってきません^^;。

本記事で色々検討してきましたが、ダイナースプレミアムカードのトラベル&エンターテイメント特典を十全に活用できるヒトしかメリットは無いと読み取れます。

ワタシが発行する意味もないと思います・・・・と言いつつも、生粋の「クレカバカ」なワタシですのでちょび〜〜〜とだけ心が揺れています。

完全にコレクター根性ですが、ダイナースプレミアムカードを一度は手にして見たいと思っていたのです。陸マイラーブログとしてポイント&マイルについて書いているこのブログを維持するためにもダイナースクラブカードは欠かせない存在なのです。

旅ガエルさんの10年年会費を支払ったら車1台買えちゃいます、と言うコメントを見ると、どう考えてもANAダイナースプレミアムカードを発行するのは悪手なのですが、コレがクレカ沼というものでしょうか・・・いくつかのカードを整理してなんとか所有クレジットカードの年会費が増減しないですむものかと画策中です^^;。

画策しているだけで発行決定とは言っていません!

ANA/VISAプラチナプレミアムカード84,400円+デルタスカイクラブアメックスゴールドカード28,080円+SPGアメックスカード33,480円=約15万円か・・・

アメックスプラチナを切れば一発なのですが、アメプラが持つホテルの上級ステータス付帯やプライオリティパス同伴1名OK、クレジットカードラウンジも同伴1名OK、これらが家族カードにも全く同等のベネフィットとなって付いてくるとなると・・・とても切れません。

昔はアメプラかダイプラかと言われていた双璧の一角だったのに、いと悲し(ToT)。

今回のANAダイナースプレミアムインビテーションをどう考えるか?

今回のANAダイナースプレミアムカードはインビテーション、つまり招待制による申し込みとなっています。

しかもツイッターなどで見聞きすると、ワタシだけでなく知り合いの方々にも案内が届いたそうで、コレはインビテーションを「ばらまいているのでは?」と言う疑いがあります。

そもそもインビテーションといえば封書による郵便ですよね!考えもしてなかったところに届く黒い封書、わけも分からず開封してみると入っているインビテーションの案内、コレが最高に心躍る瞬間です。

それが今回「メール」ですからね。お手軽もいいところです。事務費用は何百分の1なんでしょうか笑。

思えば昨年からダイナースクラブカードは制度改正に批判の的となったステマ記事にと失策続きです。

特にANA+ダイナースプレミアムの場合、マイル還元率を100円=2マイル→1.5マイルに下げた(ANAダイナースプレミアム)上での交換上限40,000マイル(プロパーダイナースプレミアム)というトドメの一撃を放って、ついに全ダイナースユーザーの解約祭りに発展したことは容易に想像できます。

ワタシのクレカ師匠であるWakuWakuさんは、ANAとダイナースの関係悪化による今回のANAダイナース改悪を予測されていました。

また以前は紹介プログラムの対象であったANAダイナースプレミアムが対象外になったこともANAとダイナースの関係を疑うきっかけになっていたということです(プロパーのダイナースプレミアムカードの紹介は健在のようですが)

だからこそワタシはANAダイナースを持っていてもANAダイナースプレミアムへのインビテーションは絶対に来ないだろうと思って、ANA/VISAプラチナプレミアムカードを発行したというのに・・・

【ANAマイルを貯めるために!】ANAダイナースからANA/VISAプラチナにコンバートした4つの理由|ワタシが導き出したファイナルアンサー 我が家にANAカードでプラチナ色っぽいやつが届きましたよ。ええ、ANA/VISAプラチナプレミアムカードです。なかなか落ち着いた...

この展開は全く予想できませんでした。それほどまでにANAダイナースプレミアムカードの解約数が異常な数になったのか、ダイナース経営の根本を揺るがす事態が待ち受けている前のインビテーションバラマキなのか・・・。

ワタシのここ1年でのANAダイナースカードの利用は、とてもインビテーションを貰えるほどのものでないことだけは確かです^^;。

そこまで分かっていて今回のANAダイナースプレミアムカードインビテーションを申し込むのはあまり得策ではないと分かっています。分かってはいるのですが・・・

このカッコいい券面を見てしまうと、ど〜〜〜しても欲しくなってしまうのです。コレがコレクター根性なのでしょうか?それともタダのクレカバカなのでしょうか(・・?

まとめ

来るはずが全くないと思って考えもしていなかったANAダイナースプレミアムカードのインビテーションが突如届きましたメールで(メールで来るあたり○天プレミアム並・・・)

普通に考えればどう考えても年会費を支払う養分としてしか見られていません。しかしそれは分かってはいるのですが、ANAダイナースクラブカードですら「カッコいいから」と言う理由だけで発行したワタシには、損得勘定は働きません。

そこにあるのはインスピレーションのみ!

申込期限は意外に短い2月15日までです。今月はポイ活でもクレジットカードを発行してないから、多少の無理は効きます。しかし100人に聞いたら100人がやめた方がいいと言われちゃう始末のこのカード、ちょっとシンキングタイム・・・^^;。

あ、ちなみにスーパーフライヤーズカード(SFC)属性があるANAダイナースプレミアムカードのインビテーションが届いたら、まず審査落ちはないと言われています(自己責任ですよ)。

POSTED COMMENT

  1. 桂秀光 より:

    年会費15万円のクレジットカード、時給1000円で1日8時間、月20日働くと、月収16万円ですから、法外な年会費ですね?

    本当の富裕層は、金持ちだとわかると、誘拐される危険がますので、
    三井住友カードが発行している、年会費無料の
    Booking.com VISA Card
    あたりのクレジットカードですかね?

    桂秀光
    2019.1.25.

    • ゴウタロウ より:

      なるほど、世界一の大富豪たちの愛用カードがアメックスカードグリーンというのも、そう言う理由があるかもしれいのですね。

      家族カードを4−5枚発行できれば、年会費にも納得できるかもしれません^^;

  2. ケン より:

    たしかに券面はカッコいいですよね!私もダイナースとアメックスのステータスに憧れた世代ですので(^^ゞ
    では、私もひとこと言わせていただきましょう。やめなはれ〜( ̄▽ ̄)

    • ゴウタロウ より:

      やめたいですね〜笑。

      そこまで賢くなれるでしょうか?本能でクレカを発行しているもので・・・^^;。

コメントを残す