IHG特集

【石垣島!】ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのオーシャンスイートに泊まってきました

石垣島にはANAインターコンチネンタル石垣リゾート&スパというホテルがあります。

世界最大級のホテルグループであるIHGの中でも最高ブランドであるインターコンチネンタルを冠するホテルです。

2020年7月にベイウイング棟とクラブインターコンチネンタル棟を新規にオープンして、ますます発展するこのホテルですが、今回は昔からのメインタワーであるオーシャンウイングのスイートルームに宿泊してきたのでご報告します。

正直狭くても新棟に泊まればよかったかな、とは思ったのですが、それも含めてブログにまとめてみます。

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室について

ANAインターコンチネンタル石垣リゾートの客室は、新棟がオープンしたため実に多彩なラインナップになりました。

全客室の詳細は公式サイト↑↑におまかせします。

大きく分けて3つのタワーから客室を選択することになります。

  • オーシャンウイング
  • コーラルウイング
  • ベイウイングorクラブインターコンチネンタル

今回ワタシはクラブインターコンチネンタルのサービスを受けることができる客室と決めていたので、迷ったのは「真新しくクラブラウンジも近いクラブインターコンチネンタル棟ルーム」か「古いけど広いオーシャンウイング棟ルーム」か、でした。

結局大人2人子ども1人添い寝1人の4人で宿泊するなら広いほうがいいだろう、という理由と、子どもが楽しみにしているスライダーがあるサンライズプールに近かったりやや寒い時期なので利用必須だろうインドアプールが併設されている、と理由などでオーシャンウイング棟の客室を予約時に選択しました。

後はIHGの中でも特別なステータスであるインターコンチネンタルアンバサダーの特典である最低でもワンランクアップの客室アップグレードを期待して、オーシャンウイングの中でも比較的ランクが高いクラブインターコンチネンタルオーシャンコーナールームを予約するだけです。

オーシャンコーナールームにクラブインターコンチネンタル特典が付いているだけ

結果、アップグレードが適用され宿泊前にスイートルームの宿泊が確約されました。

実は当初「クラブインターコンチネンタル」の名前がついている予約名だったので、クラブインターコンチネンタル棟にある客室と思っていたのです。

実際には「オーシャン」が付いていたらオーシャンウイングの部屋なんです。

このホテルのアップグレードルールに「同じ宿泊棟でのアップグレード」というのがあるらしく、アップグレードされた客室を調べたらオーシャンウイングだったので、慌てて問い合わせしたらそんなことを言われました。

つまりオーシャンコーナールームを予約したからアップグレードはオーシャンウイングのスイートルームに、という流れです。

ワタシは新しいクラブインターコンチネンタル棟に泊まりたかったので最初は残念に思ったのですが、よく考えたらスイートルームを狙って泊まりたい場合は悪くない展開なのかも、と思いました。

しかしオーシャンウイング、流石に古いだけあってスイートルームと言えども色々問題もあります。

宿泊したスイートルームの料金と添い寝のルール

今回はオーシャンタワーのコーナールームからグリーンスイートルームにアップグレードされました。

利用したのはインターコンチネンタルアンバサダーの特典の1つである週末無料宿泊券です。

料金としてはご覧の通りで、オーシャンタワーのクラブインターコンチネンタルが付帯したコーナールームの料金で1泊8万円です。大人3名分の料金となります(実際は大人2人+6歳以上の子ども1人)。

三連休ということもあり、GoToトラベルで値上がりしているということもありクソ高いです。
※上記の合計金額は実際には違いました

ただ週末無料宿泊券を利用で2泊目は無料になり、2で割ればなんとか許容範囲内かな、という料金になります。

この値段のままオーシャンスイートルームにアップグレードされたという形です。

しかしこのホテルの追加の料金と添い寝のルールが実に分かりにくい。11,000円/泊の追加料金って何?クラグラウンジ利用するならさらに7,500円追加とも載っているし、解読不能でした。
※結局11,000円/泊は必要なかったです。3人目の追加料金は80,000円の中に入っていますし…

アンバサダーの「隠れ」特典に追加人数無料というのがあるかもしれず、そのために通常なら必要だった追加人数分の11,000円/泊が免除になったのかも、とのアドバイスを頂きました。ただ真偽は不明なので結局ホテルに問い合わせるしか無いのかな、と思います。ホテルに直電か問い合わせフォームからのメール連絡がベターです

IHGのコールセンターは優秀だけどグローバルな答えしかできない人ばかりなので、ホテルに直接問い合わせてメールで教えてもらいました。

6歳以上の子どもの利用について

2020年12月現在このホテルはエキストラベッドの有無に関わらず6歳以上の宿泊は有料で、子ども料金の設定がないので大人と同じ案内になります。

1泊1台のエキストラベッド代が発生する形です。

5歳以下の子どもは無料での添い寝対応が可能です。

クラブインターコンチネンタルの追加料金について

クラブインターコンチネンタルを利用する場合、3人目から追加の利用料金が必要になります。

コレはクラブインターコンチネンタルの客室予約を3人にしていても同じです。3人目以上の客室追加料金にクラブインターコンチネンタルの利用料金は含まれていない、という形です。

なので今回の8万円の宿泊料金の場合【3名分の宿泊代+2名分のクラブラウンジ利用料】という内訳なのです。

よってクラブラウンジを3人目以上が利用するなら1泊当たりの追加料金が必要となります。利用しないなら必要ないと言えば無いです。
※5歳以下で無料添い寝対応となっている子どもの追加料金はかかりません

ワタシの予約時点はその料金は7,500円/1泊でした。2泊するので15,000円ですね。

さらにリゾートフィーが1人1滞在につき500円必要になるので、今回の滞在で500円x3人=1,500円がさらに追加で支払いとなります。

80,000円+15,000円+1,500円=96,500円、が今回実際に支払った料金です。ちなみにGoToの割引は80,000円にしか適用されません。

ただ2020年11月頃から、それ以降に入れた予約はクラブインターコンチネンタル利用料金が1人17,000円/1泊に値上がりしています。

ワタシの家族では次男も6歳を超えたので、もし次に家族で泊まるなら2泊で2人分34,000円x2=68,000円も追加料金が「クラブラウンジ特典をみんなで利用するなら」必要になる計算です。

あまりの料金に、もうこのホテルには泊まりにイケないかもしれません…(ToT)。少なくとも子どもの利用ではこの金額は全くペイできません。子どもはアフタヌーンティーも食べないしアルコールも飲まないので、クラブインターコンチネンタルは利用せず朝食付きプランにした方が絶対にいいでしょう。

17,000円って朝食+アフタヌーンティー+ディナーの料金とほぼ同額ですよね。鬼の値段設定です。

前置きが長くなりましたが、それでは家族4人で泊まったクラブインターコンチネンタルオーシャングリーンスイートルームをご紹介します。

オーシャンスイートルームの実際の様子

場所はこちら、オーシャンウイングの西側高層階のコーナールームとなっています。

レイアウトはご覧のとおりです。スイートルームなのでベッドルームとリビングルームに分けられている上に、さらにひろ〜〜〜いバルコニーまであります。

ただエキストラベッドが最初に入口近くにあって、流石にコレはひどいだろうということでベッドルームに移動してもらいました。

エントランスから見たリビングルームです。右にエキストラベッドがあるんですが、この位置じゃベッドルームから大きく離れていて寂しすぎるでしょう(^_^;)。

公式サイトの客室紹介では、エキストラベッドはリビングルームの設置になる旨がちゃんと書いてあります

リビングルームからベッドルームへの流れです。床は基本的に石造りでやや冷たい感じがしますね。真夏ならば気持ちよさそうですが。

ソファーは年代物のオーラがあります。

奥にベッドルームがあり、左にクローゼットからのウェットエリアがあります。

エキストラベッドはこの部屋のベッドの足元に移動してもらいました。

ウェットエリアです。トイレも左側にあります。浴槽はジェットバスになりますね。

見た目豪華ですが、やはり古い設計なのか洗面台が狭くて使いづらかったです。

あとシャワーブースの排水がイマイチで、普通に使っていても水が溢れてきちゃって外側がビショビショになるというハプニングも有りました。

広くて結構なのですが、建物自体が古いのでやはりそこかしこにちょっとした不具合や使いづらさがあります。

クローゼットも狭めでスーツケースを広げる広いスペースもないため、荷物を置く場所にも苦労したぐらいです。

あとやはりコンセントの位置がものすごい使いづらくて、最近の充電依存状態な旅行ではそこそこストレスでしたね。

やっぱり狭くても新しいクラブインターコンチネンタル棟にすればよかったとちょっと後悔しました。

ひろ〜いバルコニーはご覧のとおりです。流石に外でのんびり過ごす季節でもなかったし雨も降ったりしていたので、ココはタダの水着干しスペースでした。

広いバルコニーからの景色はご覧のとおりです。新しいベイウイング棟が見えます。左下がコーラルウイング棟ですね。西向きなので晴れていればサンセットがきれいに見えたでしょう…

こうやってみるとそれなりに離れた距離であることが分かると思いますが、天候さえ良ければ旧棟と新棟の間は外を歩いても時間にして5分程度の距離でした。

東側にもラナイがあり、ご覧のようにスライダーを備えたサンライズプールやインドアプールとの位置関係が分かると思います。

これらのプールが近いというのも最終的にオーシャンウイングを選択した理由の1つではあります(子連れですからね)。実際に泳ぎに行ったときは最後にインドアプールで遊んでそのまま部屋に帰ってくる、という流れだったので便利ではありました。

【11月でも泳げる】ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのプールや海に入って11月の石垣島を実地で体験 2020年の11月下旬に石垣島を訪問し、ANAインターコンチネンタル石垣リゾートに宿泊してきました。 本島の方では秋も深ま...

ワタシが泊まってみたかったクラブインターコンチネンタル棟の客室についてはrisokaさんのブログをご参照下さい↓↓(ブログ移行中らしいです)

コーラルウイングの様子はnanamiさんのブログをご紹介します↓↓

まとめ

石垣島にある高級リゾートホテル、ANAインターコンチネンタル石垣リゾートのオーシャンウイングにあるインターコンチネンタルオーシャンスイートルームをご紹介しました。

実際に泊まった感想としては、やはり設備の古さは隠せず新棟にすれば良かったなぁ、と思うこともありました。

まあそれはせっかくのクラブインターコンチネンタルなのに、クラブラウンジが無いのでラウンジでチェックインできない、だったり、ラウンジ行くのにいちいち移動しなくてはいけない手間があるのが面倒だったり、朝食会場も新棟の方にあるのでもう何もかもクラブインターコンチネンタルの恩恵を受け難かったりしたから、でもあります。

もしそういうサービスをオーシャンウイングの方でも享受できたら、そこまで不満はなかったと思います。やっぱり広いのは正義ですからね(^^)。

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメントを残す