マリオット特集

【マリオットプラチナ万歳!】ル・メリディアンクアラルンプールにプラチナになって初めての宿泊は美味しいラウンジ飯に舌鼓

マリオットホテルグループは世界最大のホテルグループとして君臨しています。マリオットホテルグループはよく利用する顧客に向けてマリオットボンヴォイロイヤリティプログラムを用意しています。

マリオットボンヴォイのロイヤリティプログラムは前年の宿泊日数によって決定されるマリオットのエリートステータスであり、プラチナエリート以上になると目に見えて付帯するサービスや特典が魅力的になります。

ワタシは通常なら年間50泊が必要なマリオットのプラチナエリートを「プラチナチャレンジ」という隠れキャンペーンを利用して16泊で獲得できました。

今回はマリオットプラチナエリートになり初めての宿泊となったル・メリディアンクアラルンプールの宿泊記をお届けします。

このホテルはプラチナチャレンジ時にもよく利用したホテルなので、ゴールドエリートのときとプラチナエリートになったときのサービスの差を実感できる宿泊となりました

マリオットボンヴォイのゴールドエリートはSPGアメックスカードに入会すれば自動的に付帯してきます。

ル・メリディアンクアラルンプールについて

ル・メリディアンクアラルンプールは、マレーシアのクアラルンプール国際空港から空港特急(KILA Ekspres)で30分の位置にあるKL Sentral Stationに隣接するマリオット系列のホテルです。

マリオットボンヴォイ参加ホテルとしてのカテゴリーは8段階のうちでカテゴリー3になります。

しかしそれはクアラルンプールではホテル料金がかなり安いのでそのカテゴリーになっているだけで、普通に五つ星ホテルです。クアラルンプールでは多くの地域でカテゴリー8となっているリッツ・カールトンですらカテゴリー5ですから。

【旅をお得に快適にする方法】マリオットプラチナチャレンジのためのクアラルンプール「ル・メリディアン」宿泊記|安いのに快適でおすすめホテル 旅をお得にアップグレードするために、世界最大のホテルグループ「マリオット」のプラチナステータスを目指しています。 通常は年...
【クアラルンプールの宿泊は便利なル・メリディアンで】KL Sentral駅直結で修行がはかどります|マリオットプラチナチャレンジホテル宿泊記 世界最大のホテルグループであるマリオットグループのエリートプログラム「マリオットボンヴォイ」のプラチナステータスを目指す「プラチ...

ワタシは2019年にル・メリディアンクアラルンプールは2回滞在していますが、その時はマリオットボンヴォイのゴールドエリートだったため、目に見える特典はほとんどありませんでした。

  • (利用しなかったけど)14時までのレイトチェックアウトオファー
  • アップグレード(角部屋にしてくれていたのでそれが適応だったのかも)
  • 250 or 500ボーナスポイント|ル・メリディアンは500ポイント
  • フリードリンク1杯チケット

以上がゴールドエリートの目に見える特典でした。

【マリオットプラチナチャレンジクリアの報告と未来への展望】マリオットボンヴォイのプラチナエリートの魅力と継続する意義があるのかを検討 マリオットホテルグループは世界最大級のホテルグループで、127の国と地域で展開し多彩なブランドの6,700以上のホテルとリゾート...

今回はマリオットプラチナチャレンジをクリアして、マリオットボンヴォイのプラチナエリートになった後初めての宿泊となり、それがル・メリディアンクアラルンプールとなったわけです。その特典やサービスで、特に期待できるのは以下のものです。

  • 16時までのレイトチェックアウトオファー
  • ルームアップグレード
  • ラウンジ利用
  • 朝食無料提供
  • 500 or 1,000ボーナスポイント

さてどのような感じになったのでしょう…

16時までのレイトチェックアウトオファー

レイトチェックアウトについてはホテルのスタッフから「必要か?」と聞かれることもあれば、スルーされるのでこちらからお願いするする必要がある時もあり様々です。

あくまで「空室がある限り」なので確実性にかける特典ではあります。満室が続くようなホテルでは、次のお客さんが15時からチェックインするので、14時までが限界と言われることが多いと思います。

ル・メリディアンクアラルンプールでは毎度レイトチェックアウトは必要か?と聞かれるような気がします(たまたまかもしれません)。ただ少なくともワタシが行っているANAマイレージ修行の場合はクアラルンプール発は7-8時台出発と14時台出発の2便体制なのでレイトチェックアウトを必要とすることはありません。

JALの場合は22時台の夜出発なので、レイトチェックアウトが適用されると楽でしょう。それでも16時まででは全然足りませんが。

アップグレード

今回の客室は31階の角部屋でした。

35階までありクラブラウンジが33階にあるル・メリディアンクアラルンプールで、31階は高層階になります。ゴールドエリートの頃は同じ角部屋でも18階など中層階となっていたので、これはプラチナステータスパワーだと思います。

このホテルの角部屋は各フロアに4つしかなく、バスルームからも景色が見える気持ちのいい部屋なのですが(併設するトイレも丸見えですが…)、角部屋自体はゴールドのときも割り当ててくれていました。

ただ予約リクエストの「エレベーターから離れた部屋」というのを考慮してくれているだけかもしれません。なので明確なアップグレードがあったかと言われると分かりづらかったです。

ラウンジ利用

ル・メリディアンクアラルンプールのクラブラウンジは33階にあります。

【33階クラブラウンジ特典】(2019年7月現在)

  • 営業時間|6:30〜23:30※1
  • 朝食|6:30〜10:30, 土日6:30〜11:00※2
  • コーヒー、紅茶、ジュースなど営業時間内利用可能
  • スナックまたは小菓子|14:00〜16:00
  • イブニングカクテル|18:00〜20:30※3
  • プライベートチェックイン&チェックアウト可能

※1:スマートカジュアル必要, ※2:5階レストランも選択可能, ※3:12歳以下の子どもは19時まで

ワタシは当ホテルに深夜に到着し2泊して早朝出発したので、各サービスも1回ずつしか利用できませんでしたが、レビューしてみたいと思います。

朝食タイム

朝食は9時頃に訪れたのですが、ご覧のようにガラガラでした。平日だったからかもしれませんが、5階のレストランも利用できるのでそちらを利用している人が多いのでしょう。

様々なテーブルとソファーが用意されていて、お一人様でも家族でも利用しやすそうです。

サラダやサーモン、ハムなど
果物やヨーグルト
各種ブレッド
ホットミール各種
エッグ&ヌードルステーション
ドリンク好きなの取り放題

結論から言えばどれもが美味しくて量や種類にも不満など全くありませんでした。

今までの当ホテル宿泊ではダイエットホテル修行だ!と強がって何も食べずに食べにも行かずホテルステイしてましたが、やはり食事って大切ですよね!プラチナバンザイです(^o^)。

ちなみに5階の朝食ビュッフェ会場にも入り口だけ顔を出してみましたが、こちらの方が遥かに種類も豊富でそそられます。お一人様の時はラウンジでゆっくり食事をする方が落ち着くのですが、今度はこちらにも行ってみたいですね。

スナック&小菓子タイム

14時からのスナック&小菓子タイムにも訪れてみました。

ケーキ2種、クッキー2種
果物やヨーグルト

え?これだけ??って思いましたが、ホントにこれだけでした。後はブレッドが数種類あるのみです。

寂しい、あまりにも寂しいラインナップ。ただ最近ではラウンジでのアフタヌーンティータイムを削るホテルがある中、提供するだけありがたやと思ったほうがいいのかもしれません。ちなみにケーキの味はsosoぐらいでしたが、ヨーグルトがテラうまかったです。

以前は提供が12時からでサンドイッチなどもあったようなので、サービス内容は都度変更します。最終的にはホテルへの確認が必要でしょう。ただラウンジ利用はあくまでおまけなので、わざわざ問い合わせなくてもいいとは思いますが…

イブニングカクテルタイム

イブニングカクテルタイムは18時からです。朝食のときと違ってこの時間帯は混雑することが予想されるので、早めに突入しました。日曜日でしたが、家族連れで4人席とかだと早めに行かないと座れない可能性もありますが、お一人様だったら座れないことはまずないだろうなぁ、という混雑具合でした。

各種ホットミールにサラダ、サイコロステーキまで提供があり、お子様ならともかく大人ならばお腹いっぱい大満足できる内容でした。

ビールは2種類あって、黒ビールの方はかなり独特なのでそうじゃない方を選んだほうが無難かもしれません。

他のアルコールも各種ありスタッフが近くにいるので声をかければ用意してくれます。ワタシはビール以外は強く酔ってしまうのです。なのでどんなお酒があったのかは分かりませんが、とにかくいっぱいありました^^;。

デザートの種類も豊富です。外国っぽくちょっと甘めではありました。

ホットミールカウンターでステーキを焼いてくれたりシュウマイを中心とした点心を取り分けてくれたりラクサを作ってくれたりしました。なかなか贅沢なラウンジだと思います。

ボーナスポイント付与

マリオットボンヴォイのプラチナエリートで宿泊すると、50%のマリオットポイントが追加で付与されます。

さらに「ウェルカムギフト」として「朝食」「ポイント500 or 1,000(ブランドによる)」「アメニティ」から選択できます。

今回のようにラウンジ特典としての朝食が「ラウンジまたはレストラン」となるホテルもあり、その場合はウェルカムギフトとして朝食を選ばなくてもOKで、ポイントが貰えます

朝食はラウンジのみだったりレストランだと同伴1名までしか無料にならなかったりとホテルによって提供サービスは様々ですのでご注意ください

ご覧のようにプラチナエリートだと、より多くのマリオットポイントを貯めることができるので、そのポイントを利用してまたマリオット系列のホテルに宿泊し実績を積み上げることができます。

ジム活のおすすめ

マリオットボンヴォイのプラチナエリートになると、ご紹介してきたようにとてもとてもお腹を満たすことができます。このままではホテル修行はデブ活になってしまいます。

観光に出かけてせっせと歩いてカロリーを消費するのもいいのですが、ホテルに備わっているジムを利用してエクササイズするのも健康のために重要です。

ホテルのジムは通常高いメンバー登録しないと利用できないところが多いのに、宿泊利用者は基本的に無料です。しかも24時間オープンしていることも多いです。

ル・メリディアンクアラルンプールはお隣のヒルトンクアラルンプールと共用にはなりますが、その分広くて種類も豊富なフィットネスジムが備えられています。エクササイズもすればラウンジのお酒もより美味しくなるというものです。

まとめ

マレーシアの首都クアラルンプールにあるマリオット系列のホテルであるル・メリディアンクアラルンプールにマリオットボンヴォイのプラチナエリートとして初めて宿泊しました

以前はゴールドエリートとしての宿泊だったのでその差をまとめようと思ったのですが、ラウンジアクセスが一つ付くだけでホテルライフがかなり楽しくなることを実感することができました。

このホテルはアクセスもいいですしプールもラウンジも朝食会場もホスピタリティもいいので、ぜひ家族でも泊まってみたいホテルではあります。

(ただ、クアラルンプールに行くぐらいならシンガポールに行きたいと家族に却下されたのは内緒です…)

コメントを残す