【ANAの制度変更】SFC修行に影響があるかも?-国際線航空券で発券されている国内線区間のマイル積算率変更です|ANAマイルとJALマイルを求めて
ANA/AMC

【ANAの制度変更】SFC修行に影響があるかも?-国際線航空券で発券されている国内線区間のマイル積算率変更です

2018年10月1日よりANAの国際線発券にくっつけている国内線のマイル積算率が変更となります。今までは国内線ブッキングクラスが「F(150%)」以外はすべてのクラスが100%積算だったのが、国際線のブッキングクラスによって国内線区間のマイル積算率も変化するようになります

具体的には国際線がビジネスクラスやプレミアムエコノミークラスなら国内線区間のマイル積算率が100%なので影響はないのですが、エコノミークラスだと影響が出てきます。

またANAの上級会員の1つであるスーパーフライヤーズカード(SFC)取得のためのプレミアムポイント計算は、ブッキングクラス(予約クラス)によって変化します。

今までは国際線のどのクラスでも(Fを除けば)すべて国内線のマイル積算率は100%だったのでエコノミークラスでの利用でも国内線利用のプレミアムポイントがかなり多く付与されていました。

それが2018年10月1日の搭乗分から、上記表のとおり、国際線ブッキングクラスによる国内線区間のブッキングクラスによってマイル積算率が変わります・・・すると、当然プレミアムポイントの積算も変わってくるのです。

例えば、今年の8月にANA利用で福岡から成田乗継でホノルルに向かったのでですが、往路は国際線のブッキングクラスは「V」のエコノミークラスでした。

復路の国際線のブッキングクラスは「Q」のエコノミークラスでした。

しかしいずれも国内線クラスは100%のプレミアムポイント加算で、往復共に1,134PPが貯まっていますが、これが来年の利用だと「Q」だと70%、「V」だと50%の計算となり積算されるプレミアムポイントが目減りすることになります。ホノルル線だと路線倍率はx1で、搭乗ポイントも0なので、きっちり70%と50%になることでしょう。

実際にSFC修行を行う場合、今回の変更は国内線のみの利用の場合は関係ありません

またプレミアムエコノミークラスやビジネスクラスの利用の場合も100%積算率なので今までと変わりませんが、エコノミークラスまで利用するときにはこの積算率の変化を頭に入れて計算する必要が出てきます。

国際線エコノミークラスのみの修行というのはあまり計画的ではないと思いますが、気をつけましょう。

実は今回の件で別の手法で行われていたSFC修行に影響が出るところがあるらしいです。

今回の影響でもう利用できなくなる可能性が大ですが、世の中の賢人たちはすげ〜な〜、と思っちゃいました。

今回の記事は既報のことなので、自分のためにまとめた次第です。

まあこのニュースがなくても、来年度のANAダイヤモンド修行は挫折していますが( ;∀;)。

ANAダイヤモンド修行を画策も成田クアラルンプール線の機材変更で頓挫しそう|ダイヤへの道は厳しかった ワタシは2017年に国内線のみでANAの上級会員となれるスーパーフライヤーズカード(SFC)を取得するためのSFC修行を行いまし...

POSTED COMMENT

  1. MM より:

    来年のJGCプレミア修行はどうされますか?笑。ほんとJGCプレミアを取って良かったとゴウタロウさんに感謝です!

    • ゴウタロウ より:

      JALはクリスタルまでにしてFOP国内線2倍キャンペーンが継続されたら利用できる程度にキープすればいいかな、と思っています。

      ちょっと予想外の大きな出費が重なっちゃって、懐事情が厳しいのもあります(;´∀`)。

コメントを残す