ポイントサイト

【ポイントサイト横断検索サービスを賢く利用】ポイントをお得に貯めるためには複数のポイントサイトを攻略せよ!|サイトの付加価値にも注目

陸マイラー系ブロガーと自称するワタシは、陸で貯めたポイントをマイルに交換して、特典航空券としてお得に飛行機に乗って旅行することを目的としており、本ブログも一応その趣旨に則った記事を基本的に書いています。

マイルに交換するためのポイントとしては、クレジットカード利用決済のポイントがメジャーですがそれだと一般のヒトにとっては飛行機の航空券に交換できるほど貯めるのは非常に大変です。

大量にポイントを貯めて、ポイントをマイルに交換することによりマイルを爆発的に貯める方法としてはポイントサイトを活用することです。

しかしポイントサイトも現在は多くのサービスが群雄割拠しており、どこがオトクなのか?どこが使い勝手がいいのか?どこがおすすめなのか?非常に迷う状態になっています。

そんな時役に立つのが「ポイントサイト横断検索サービス」です。各ポイントサイトには同じようなポイントが貯まる広告案件があるのですが、ポイントサイト毎に付与されるポイントは微妙に異なっています。やはり利用するなら最も高いポイントのサービスがいいですよね?

そんな時気になる広告案件を打ち込めば、たちまち各ポイントサイトのその広告案件に対するポイント付与額や率が分かるり比較検討できる、それがポイントサイト横断検索サービスです。

今回はそんなポイントサイト横断検索サービスについてまとめてみました。

マイルでできること

ポイントをマイルに交換するのが陸マイラーとしての最終目標ではあるのですが、そのマイルでできることは意外に多岐にわたります。

  • 国際線・国内線の特典航空券に交換
  • ポイントやクーポンに交換
  • 商品や提携先のポイントに交換

大きく分けて上記のようになりますが、ポイントやクーポン、そして商品に交換する際のマイルの価値はだいたい1マイル=1-1.5円程度になります。

それに対して特典航空券に交換すると、その航空券を有償で購入した際の金額と比較すると、マイルの価値は1マイル=2-10円程度と、よりお得にマイルを利用することができます。

よってマイルを意識して貯めているヒトほど、貯まったマイルは特典航空券発券に利用しようとします

しかしポイントサイトは元々「お小遣いサイト」とも呼ばれ、マイルに興味がないヒトはポイントをそのまま現金化するのもありです。と言うか、広い目で見ればそっちを目的としている人のほうが多いのではないでしょうか?ポイントを現金にする方法については下記記事にまとめていますのでご参照ください。

【お小遣稼ぎ】ポイントサイトのポイントを現金化する方法と期日のまとめ|ドットマネー経由が簡単-おすすめポイントサイトもご紹介します 陸マイラーブログを自称しているゴウタロウです。陸マイラーとは飛行機に乗らずにマイルを貯めて、貯まったマイルで飛行機に乗ることを目...

ポイントを現金化するには、ポイントを銀行振込にするのが一般的です。その場合は各ポイントサイトの「ポイント交換」サービス内にある「銀行」を選択すれば簡単に現金化できます。

マイルの貯め方

マイルの貯める方法は大きく分けて3つになります。

  1. エアラインに乗る|搭乗(区間)マイルが貯まる
  2. クレジットカード決済を利用する|ショッピングマイル貯まる
  3. ポイントサイトで貯める|貯めたポイントをマイルに交換して貯める

それぞれ解説していきます。

飛行機に乗ってマイルを貯める

各航空会社のマイレージプログラムに参加していれば、対象運賃で乗った時に、その運賃クラスに応じた搭乗マイルが貯まります。

以前ワタシが利用したJALの搭乗マイルですが、JALのステータスや利用しているJALカードの種類によっても変わるのですが、4回乗って5,997マイル貯まりました。4回乗るのに要した金額は66,280円です。ざっくり10,000円で1,000マイル程度貯まる計算です。

クレジットカード決済で貯める

クレジットカード決済で貯まるショッピングポイントをマイルに交換することによってもマイルを貯めることができます。マイルが貯まる代表的なクレジットカードはJALカードやANAカードですが、アメックスカードのポイントをマイルに交換することもできます

一般的にクレジットカード決済で貯まるマイルは決済額の1-2%程度が相場であり、特別なことがなければ10,000円で100マイルが貯まります(1%マイル還元率の場合)。

例えばこんな感じです。この利用しているJALカードはJALカード特約店という付与マイルが2倍になるお店で利用しなければ1%のマイル還元率なので、200マイルを得るためには20,000円の決済をしていると言えます

ポイントサイトで貯めたポイントをマイルに交換して貯める

第3の方法として、ポイントサイトを利用して貯めたポイントをマイルに交換することによってマイルを貯めることができます。

ポイントサイトというのは広告代理店のようなサービスで、ポイントサイトに載っている広告案件を利用することにより、それに応じたポイントが付与されます。ポイントの原資は広告主から出ているので、大きく見ればテレビや雑誌に載っている広告と大差ないので不安に思う必要はありません

Webの中では多くのポイントサイトと呼ばれるサービスが存在しますが、ANAマイルやJALマイルにポイントを交換する上での交換率は50%がほとんどです。しかしより高い交換率でマイルにする方法があります。

例えばポイントサイトのポイントを70%の交換率でANAマイルにする方法は「ニモカルート」を利用します。

【ニモカルート|ANA/VISAnimoca】nimocaポイントをANAマイルに交換してマイルを貯めよう 「陸」で貯めたポイントを利用して各航空会社のマイレージプログラムの「マイル」を貯めている方々は「陸マイラー」と呼ばれています。「...

ANAマイルにするには約80%の交換率となる「LINEルート」もありますので、ご活用ください。

JALマイルを貯めるにはモッピーというポイントサイトを利用するのが一択で、条件をクリアすれば80%の交換率でポイントをJALマイルに交換することができます。

JALマイルを大量に貯める最良の方法はポイントサイトのモッピーを利用すること|JALの公認まであったらまだまだ継続 マイルという言葉はよく耳にすると思いますが、距離として利用されるマイルは「1マイル=1.6キロメートル」になります。航空会社では...

モッピー以外のポイントサイトの場合、JALマイルを貯めるならドットマネーに交換して、そこから50%の交換率でJALマイルにすることになります。

ドットマネーポイントを現金化するときにも有用なポイント交換サイトです。

そしてポイントサイトのポイントは時に「無料」で「大量」に貯めることすらできます。それゆえに空を飛んでマイルを貯めるより、クレジットカード決済でポイントを貯めるより、ずっとお得に貯めることができるのです。

数あるポイントサイトからどこを選ぶ?

さて現在のポイントサイトの正確な数は分からないのですが、陸マイラーとして利用するポイントサイトは最終的にマイルに交換できるルートが必要です。モッピーというポイントサイトだけは直接JALマイルに交換しても割がいいので問題ないのですが、それ以外ではポイント交換サイトとして「G-point」「PeX」「ドットマネー」と言ったサービスにポイントを交換できることが重要です。

ポイントサイトポイント交換サイトマイル(交換率)
ハピタスPeX
ドットマネー
ANAマイル(81%/70%)
ANA/JALマイル(50%)
ちょびリッチG-point
PeX
ドットマネー
ANAマイル(81%/70%)
ANAマイル(81%/70%)
ANA/JALマイル(50%)
ポイントインカムPeX
ドットマネー
ANAマイル(81%/70%)
ANA/JALマイル(50%)
モッピーJALマイル(条件あり)
G-point
PeX
ドットマネー
LINEポイント
JALマイル(80%)
ANAマイル(81%/70%)
ANAマイル(81%/70%)
ANA/JALマイル(50%)
非推奨(G-point経由推奨)
ECナビPeXANAマイル(81%70%)
ライフメディアPeX
ドットマネー
ノジマポイント
ANAマイル(81%/70%)
ANA/JALマイル(50%)
ポイント1.5倍
ポイントタウンPeX
LINEポイント
ANAマイル(81%70%)
ANAマイル(81%)
すぐたま(ネットマイル)LINEポイント
nimocaポイント
プリンスポイント
非推奨
ANAマイル(70%)
唯一無二の交換先
げん玉(PointExchange)PeX
LINEポイント(手数料+)
ANAマイル(81%/70%)
ANAマイル(81%)
GetMoneyPeX
ドットマネー
ANAマイル(81%70%)
ANA/JALマイル(50%)

【LINEルート=ANAマイル交換率81%、nimocaルート=ANAマイル交換率70%、ドットマネールート=ANA/JALマイル交換率50%】

ざっと有力かつマイルに交換するためによく使われているポイントサイトとその交換先を書き出してみました。もうコレだけでも量が多すぎて何が何やら、と言う感じです。

以下の4つのサービスが特におすすめ

ちょびリッチ
モッピー
ポイントタウン
G-point

最も手間を掛けずにANAマイルに効率よく81%で交換するのならば上記の4つのサービスがおすすめです。

しかしPeXというポイント交換サイトを通しても、一手間と時間がかかりますが同様にANAマイル81%まで持っていけます。

以上はLINEルートを利用する方法です。

多少効率が悪くても早く簡単にANAマイルにするのならばG-point/PeXを介したnimocaルートが70%の交換率にはなりますがおすすめです。なんと言ったって最短4日でANAマイルまで持っていけるし、実質的な交換上限は無いに等しいですから(立地的な弱点はあります)。

JALマイルに交換するのならば、特定の条件は必要ですが80%の交換率となるモッピーから直接交換するのが唯一で最大の方法です。

それらを利用しなければ、ドットマネーを経由してJALは直接50%の交換率でJALマイルに、ANAはTポイントに交換する一手間を加えて50%の交換率でANAマイルに交換することができます

ご覧のように多くのポイントサイトがANAマイルに関しては最終的には81%という高交換率でANAマイルに交換できるため、どのサービスを利用していいのか分からなくなっても、その時の最も高いポイントを付与しているサービスでOKと言うことになります

しかしこれだけのサービスをすべてチェックするのは大変です。そんな時に活躍するのが「ポイントサイト横断検索サービス」になります。

ポイントサイト横断検索サービスとは?

ポイントサイト横断検索サービスという名前はワタシが勝手に名付けたのですが、要は気になる広告案件があった時にそのサイトで検索すれば、主要なポイントサイトでのポイント付与数が一発で分るサービスです。

代表的なサイトは以下の3つです。

まず昔からのサービスである「どこ得

YJカードで検索(2018/11/11)

 

そして「ポイント獲得ナビ

YJカードで検索(2018/11/11)

 

そして「ぽい得サーチ

Yahoo Japan カードで検索(2018/11/11)

 

代表的な3つのポイントサイト横断検索サービスで、2018/11/11までポイント付与数が高騰していたYJカード(Yahoo Japan カード)を検索してみた結果が上図です。

  • どこ得|超シンプル、検索能力は早い
  • ポイント獲得ナビ|見やすい、タブでポイント推移グラフが見えるが便利
  • ぽい得サーチ|検索にやや時間を要すが、対象ポイントサイトが必要十分に絞られているので安心感あり

利用してみた感想は以上のようになります。

どこ得」は昔ながらのサービスで非常に安心感があり検索結果表示もシンプルで早いです。ただ昨今のポイントサイト事情からすると、もう少し付加情報が欲しいかなと思いました。

ポイント獲得ナビ」は流石に商業サイトだけあって見やすさも検索能力も優れています。ただやや広告も含め必要じゃない情報が目に入りすぎるかもしれません

ぽい得サーチ」は、特に陸マイラーにとって必須のポイントサイトに絞っての検索なのでビギナーにとっては目に優しい作りになっています。同時に過去最高額が表示されるのもポイントが高いです。ただ検索スピードが他と比べると少し時間を要します

ぽい得サーチの面白いところはココだ!

ポイントサイト横断検索サービスを利用するときはご自分が利用しやすいサービスを選択したらいいと思いますが、その検索能力だけではなく、サイトとしての付加価値にも目を向けるといいと思います。

どこ得はシンプル過ぎて特に無いのですが・・・

例えばポイント獲得ナビではトップページにおすすめの広告案件がファーストアイキャッチのところ(スクロースせずに目に入ってくるエリア)に載っています。

こう言う情報は興味がなくても、目に入ったら気になるものです。

ぽい得サーチは、トップページの中の4つのタブの中にある「ポイントサイト案件情報まとめ」が面白いです。

ぽい得サーチはサイドバーやツイッターに各種クレジットカードのお得な案件が載っているのは有名なのですが、このページを見るとそのクレジットカード案件情報に加えて

  • クレジットカード発行で1万円以上もらえる案件!
  • 大人気のEPARK案件!
  • ネスカフェ案件!
  • ホテル予約時にはポイントサイト経由で!
  • 1万円以上獲得できるお得な案件!

などの広告案件のポイント数が順番に載っているのです。

コレは非常に面白いページなんです。

まず陸マイラーは興味がある広告案件より「よりお得」な広告案件に興味があるわけです。端的に言えば、ポイントさえ高ければ何でもいいわけで、1つの広告案件に絞った順位よりポイント数による順位のほうが断然気になります(わたしだけ?)。

次にEPARKやネスカフェ案件など、その時時で人気のある案件が載っているのもポイントが高いです。はっきり言えば、ポイントサイト活動を始めるまでEPARKなんて知らなかったしコーヒーなんて時々飲む程度だったけど、注目されている案件が載っているとついつい目がイッてしまうものです。そうして申し込んでズブズブになっちゃうのですが・・・それが実はお得だったら嬉しいですね。

ホテル予約の案件は、そもそもホテル予約サービスサイトが多すぎて訳がわからない状態ですが、ざっとほとんどのサービスが載っていて、さらにポイント数まで分かるので比較検討できて非常に有用です。

こういう取り組みは、他のポイントサイトやサービスにない新しい取り組みで、まさに陸マイラー目線がよく分かっている(バレている)ことを感じました。

そもそもワタシみたいに最近ポイントサイト活動が下火に入っていると、特に目的もなく「なんかいい案件転がってないかしらん?」などと思いながらだら〜とポイントサイトを横断チェックしています。なので「1万円以上獲得できるお得な案件」特集なんてうってつけです。

日々ポイントサイトをだらだら巡回している陸マイラーの皆さん、最初にぽい得サーチの「ポイントサイト案件情報まとめ」をチェックしておくと、なにかいいことがあるかもしれませんよ。もちろん気になる広告案件があったらトップページから検索して、最もお得なポイントサイトを利用するという本来の利用法もGoodです。

まとめ

ワタシは正直日々のポイントサイト活動は下火に入っています。ネスカフェは消費するのに苦労しているし、EPARKは近くにサービスが無いし(良からぬ噂も耳にするし)、外食モニターも地方ゆえに家族で行けるところはほぼ無いし、唯一の希望だったクレジットカード案件もカード整理中ゆえに控えているし・・・、やっていることとイッたら楽天ショッピングか電子書籍購入かiTunes楽曲購入か、ぐらいです。

それゆえにポイントサイト横断検索サービスはほとんど利用していないのですが、改めて見てみると、どこ得さんは相変わらずでしたが、ポイント獲得ナビもぽい得サーチもそれぞれ特徴があって非常に面白かったです。

その特徴は案件検索以外のサービスなのですが、興味深い特集が多いのも事実で、ポイントサイトをだらだら巡回する前に、まずはこれらポイントサイト横断検索サービスをチェックするのも悪くないかな、と思いました。

コメントを残す