ダイナースクラブカード

【ダイナースプレミアムカードの使い道】マスターカードラブなので発行してしまったダイナースプレミアムカードの利用方法を真剣に検討してみよう

ダイナースクラブプレミアムカード、それはプラチナカードの上を行くブラックカードとの位置づけでそれにふさわしい特典やサービスと共に高いステータス性を有するクレジットカードです。

日本では三井住友トラストクラブが発行していますが、近年ではクレジットカード事業が厳しいのか、その売りだった特典やサービス、そしてポイント制度などの改定(改悪)が続いています

それら改定(改悪)もさることながら日本はともかく世界中では利用できる場所が限られている最大の欠点を有していたダイナースクラブカードですが、この度マスターカードブランドのコンパニオンカードを発行することで起死回生の一発を打ってきました

【改善と改悪の合わせ技】ダイナースクラブカード起死回生の一撃なるか?|ダイナースクラブコンパニオンカードで安心して継続できるプレミアカードに大変身 ダイナースクラブカード、その名はクレジットカード好きなら誰もが夢見る憧れのステータスカード。 通常のダイナースクラブカード...

今回そのコンパニオンカードに惹かれてついついダイナースプレミアムカードを発行してしまいました。無事に審査に通ってカードが手元に届いたので、その使い道を真剣に考えてみようと思います

※コンパニオンカードサービスは2019年7月23日開始予定なのでまだ手元にはありません。

ダイナースクラブプレミアムカードの魅力

いわゆるハイステータスに属するクレジットカードの魅力はエンターテイメント&トラベルに無類の強さを発揮します

ダイナースプレミアムカードの双璧とされるアメックスプラチナカードはどちらかと言えばトラベル関係のサービスが勝っていてダイナースプレミアムカードはエンターテイメントの中でもダイニング関係のサービスが強いと言われています。

が!普段そんなラグジュアリーな生活と無縁のワタシにとって、ダイナースプレミアムカードの魅力それは「100円=2ポイント」と言う他のクレジットカードには真似できない高ポイント還元率です!!

何に使っても100円=2ポイント、するっとすり抜けてチャージしても100円=2ポイント、常に100円=2ポイントだったらよくあるお得なキャンペーンとかあまり気にしなくても良くなります

それこそがこのクレジットカードの魅力!!だったんですが…

ダイナースプレミアムカードのポイント交換率は2019年9月16日以降の利用分から100円につき1.5ポイントに変更となります。

利用対象現在2019年9月16日利用分から
国内利用100円につき2ポイント100円につき1.5ポイント
海外利用100円につき2ポイント変更なし(※)

※海外利用期間限定ポイントアップ:2019年9月16日〜2022年3月15日利用分は、海外利用100円につき2.5ポイント

すでにANAとの提携カードであるANAダイナースプレミアムカードでは2018年12月16日から100円=1.5ポイントになっているのですが、それに追随した形です。

【さらなる改悪】ダイナースクラブカードの移行上限が40,000ポイントに|上限はないままのANAダイナースプレミアムのポイント付与が100円=1.5ポイントに! 最近いい噂を聞かないダイナースクラブカードのサービス改定の話を耳にしました。ダイナースクラブカードは昔からファンが多いクレジット...

リボ払いをうまく利用して100円=3ポイント貯まっていたダイナースプレミアムカードもココまで地に落ちたか!と言う感じです。

ではそれ以外の魅力があるのかと言うと…

ANAダイナースプレミアムカードならANAの航空券を購入すれば現在100円=4.5ポイント(マイル)貯まるので、ANAを有償でよく利用するヒトにとってはなかなか魅力的な還元率でした。

しかしプロパーのダイナースプレミアムカードはそう言うこともなく、ただただ100円=1.5ポイントなだけです。

正直100円=1.5ポイントだったら平々凡々です。ANA/VISAプラチナプレミアムカードの方がポイント(マイル)還元率だけ取れば上になっちゃいます

【マイル還元率1.9%も】ANAダイナースプレミアムの改悪からのカード変更選択肢にANA/VISAプラチナプレミアムが浮上 ANAダイナースプレミアムカード、それはANAマイルを貯めているヒトにとっては最上のカードでした。元々2%のポイント還元率で(ち...

ではなぜ今ダイナースプレミアムカードなのか?

ビジネスカードと併用して事業決済にダイナースプレミアムカードを利用しているヒトにとっては、ポイント還元率が下がってもやはり離れられません。しかしワタシみたいなプライベート利用となると、ダイナースプレミアムカードの優位点が見えにくいです。

しかし胸張って「コレは期待できる!」と言える新たなサービスこそが、2019年7月以降に提供されるマスターカードブランドのコンパニオンカードなのです。

【改善と改悪の合わせ技】ダイナースクラブカード起死回生の一撃なるか?|ダイナースクラブコンパニオンカードで安心して継続できるプレミアカードに大変身 ダイナースクラブカード、その名はクレジットカード好きなら誰もが夢見る憧れのステータスカード。 通常のダイナースクラブカード...

日本とアメリカ以外での利用が難しいとされるダイナースクラブカードですが、マスターカードブランドがあれば世界中で利用することができます。コンパニオンカードのポイントは

  • 年会費無料
  • 100円=1ポイント
  • ラウンジキーサービス付帯

です。

この中で残念なのが100円=1ポイントのポイント還元率です。

マスターカードコンパニオンカードはダイナースが弱い海外での利用を考えているのですが、ダイナースなら100円=2ポイント(なが〜い期間限定で2.5ポイント)なのにコンパニオンカードを利用すると100円=1ポイントになってしまいます。

流石に嫌らしい削り方をしてきます。

期待できるのがラウンジキーサービスです。巷ではプライオリティパスの劣化版と言われていて(利用できるラウンジ数の少なさ・年間利用回数上限などあり)、実際にそうなんだろうと思うのですが、本会員・家族会員が利用できてそれぞれ同伴者1名無料なので、そのサービス内容はアメックスプラチナカードの劣化版みたいになっています。

じゃあアメックスプラチナカードでいいじゃないかと言われたらホントにその通りなのですが、アメックスカードは数多くのプロパーカードや提携カードがありそちらの方がオトクなので(代表例がSPGアメックスカード)、アメックスプラチナカードそのものを利用する機会が残念ながらほとんど無いのです。

ダイナースクラブカードに関しても提携カードはありますが、コンパニオンカードが付帯するのは現状ではプロパーカードのみなので、唯一無二となります。

それゆえアメックスプラチナカードを解約したワタシが、その代わりとして選んだカードがダイナースプレミアムカードとなったわけです。

ダイナースプレミアムカードの使いどころ

ではそのダイナースプレミアムカードの使い所を真剣に検討してみましょう。

普段のショッピングANAマイル還元率1.5%オーバー(基本1.8%)のANA/VISAプラチナプレミアムカード
飛行機チケット代ANA/VISAプラチナプレミアムカード・JALアメックスプラチナカード
ホテル代SPGアメックスカード・ヒルトンVISAプラチナカード
海外のショッピングラグジュアリーブラックカード
コストコダイナースプレミアムカードのコンパニオンカード(爆)

ぶっちゃけマイル還元率がリボ払いで繰り上げ返済をするだけで1.8%になるANA/VISAプラチナプレミアムカードがあったら安心のVISAブランドにより世界中で使えるし、ダイナースプレミアムカードの出番ないっす(;´Д`)。

もちろん海外利用で100円=2ポイント(期間限定2.5ポイント)になるので海外利用がお得なのですが、ワタシの渡航先ではハワイぐらいしか思いつきません。

何よりダイナースクラブカードは海外利用時の為替手数料がそれなりに高額なのが有名です。2.5%のポイント還元率はその点も考慮しなくてはいけません。

そしてそしてアメックスプラチナカードは現在海外利用で3%のポイントが付きます。その時点でもう及びません。

結局リアルでの利用場所となると、マスターカードしか利用できないコストコでのショッピングをするとき、なんていうジョークのような状態です(しかもダイナースプレミアムカードそのものではなくコンパニオンカードだし)。

結局ダイナースプレミアムカードを発行したのは、アメックスプラチナカードの代わりとなるプロパーのステータスカードが欲しかったのと、劣化版でもいいけどラウンジキーやカードラウンジが本会員・家族会員それぞれ同伴者1名OKなカードが1つは欲しかったのと、ホノルルで利用できるLeaLeaトロリーの乗車券が家族分もらえるからです!

※LeaLeaトロリーのくだりはスルーしてください笑。

発行直後から使い所に困っているダイナースプレミアムカードですが、アメックスプラチナカード亡き今、すぐに解約するようなプランもありません。ネットショッピングなどで細々使っていこうと思います。

ちなみに海外で利用するクレジットカードをラグジュアリーカードブラックにしているのは以下の通りの理由です。

【プラチナクレジットカードコレクターが選ぶ海外で持ち歩く1枚】金属製のラグジュアリーカードは海外旅行のお供に最適【独断と偏見のみ】 プラチナクレジットカードコレクターのゴウタロウです。そんなワタシが海外で最も利用しているカードは...実はラグジュアリーカードで...

まとめ

至高のブラックカードであるダイナースプレミアムカードを入手したので、今後の展望を考察してみました。

趣味で保有するにはちょっと使い所に困るカードではありますが、一昔前なら発行するのが夢みたいなハイステータスなクレジットカードです。

とにかく今は使ってみてその評価を定めていきたいと思います。

見た目はとってもお気に入りのクレジットカードなんですけどねぇ…。

コメントを残す