ハワイ旅行

【地方からハワイへ向かうベストな航路はどこだ?】地方空港の代表である福岡からハワイに向かうベストなルートの検討します【JAL編】

地方都市の代表である福岡からハワイのホノルル(オアフ島)やコナ(ハワイ島)に行くためのベストな行程を探します。なぜそんな事が必要なのかと言うと、福岡もそれなりに大都会と自負していますが、成田・羽田・大阪(関西)・名古屋(中部)・新千歳から何かしらのホノルル直行便が飛び立つ中、福岡だけはハワイに向かう直行便が無いからです(現在あるデルタ航空の直行便は2019年5月に撤退)。

2018年にも同じような研究をしたのですが、その時からだいぶ航空会社の様相が変わりました。

  • ハワイアン航空とANAの提携解消
  • ハワイアン航空とJALの提携開始
  • ANAのA380(フライングホヌ)就航開始
  • デルタ航空福岡=ホノルル直行便撤退
  • JAL成田=コナ(ハワイ島)直行便就航

そこで今回は福岡からハワイに行くためのベストな路線を探る研究【JAL編】をお届けしたいと思います。

福岡=ホノルル|往路が問題

福岡からホノルルに向かうためのJALを利用した行程で最も問題となるのが、福岡=成田のJAL便が早朝しか無いことです。そして2019年現在、JALのホノルル行は成田からしか就航していません

よって、JAL福岡=ホノルルの往路は福岡から直接成田に向かうと成田で長大な待ち時間が発生するか、羽田ー成田の陸上空港間移動が必要になります。これは以前から変わっていません。

復路は、JALが就航しているホノルルー成田の3路線(11:00発・13:10発・14:00発)のいずれも成田ー福岡の直行便に間に合うので問題ありません

福岡=ホノルルのJAL便往路問題への対策

福岡=ホノルルのJAL便往路問題はワタシの中で長いこと大きな問題でした。大人だけならいいのですが、ハワイ旅行に行きだしたのも子どもが生まれてからなので常に子連れでの移動を意識しなくてはならなかったからです。

現状成田での長時間待機は選択肢としてはあり得なかったので(福岡7:00発もかなりきつい)、羽田ー成田空港間移動を何度か利用しました。子連れであることやストレスフリーを目指して、空港間定額タクシーを利用しました。しかしこの場合、長期旅行用の大量な荷物まで一緒に移動することになり、家族からも不評でした。

福岡=成田はLCCのジェットスターが何便も就航しているのでそれを利用することも考えました。しかし大きな手荷物・預け荷物があるのでそれなりに料金がかさむこと、成田空港第3ターミナルからの移動が大変なこと、別切りチケットだと就航そのものにも不安があることなどを考え断念しました。

しかしその懸念に一筋の光が見えたのです。それがJALとハワイアン航空との業務提携です。

福岡=ホノルル線|往路はハワイアン航空・復路はJALと言う選択肢

JALが業務提携したハワイアン航空は成田からもですが羽田からもホノルル便を飛ばしています。という事は、往路は福岡ー羽田ーホノルル(ハワイアン航空コードシェア)、復路はホノルルー成田ー福岡(JAL)と利用すれば、福岡ー成田移動問題が解決するわけです。

ハワイアン航空のコードシェア便をピンポイントで選択するには、JAL公式サイトで通常に検索をしていたのでは登場しません。強制的に成田乗り継ぎを強要されるのです。

羽田での乗り継ぎを表示させるためには、JAL公式サイトで国際線予約をするときに「その他の旅程はこちら」を選択します。

手順としては

  1. 自由旅程(複数都市)を選択
  2. 往路の乗り継ぎ空港を「羽田」に限定する
  3. 往路の羽田乗り継ぎは24時間以内に限定する(国際線の国内区間にするため)
  4. 最初は2区間しか入力ボックスがないので「区間追加」して区間3を表示させる
  5. 区間3に復路を入れる|復路は成田ー福岡のちょうどいい便があるのであえて乗り継ぎは限定しなくてもOK

以上のように入力すると、羽田ーホノルルに就航しているハワイアン航空をコードシェア便として選択できるようになります

往路の福岡ー羽田は豊富に就航しているので選びたい放題です。ハワイアン航空の羽田発ホノルル行きは21:20発なので、それに間に合うような便を選択すればOKです(羽田空港国内線から国際線乗り継ぎは90分余裕を見ておけば問題なし)。

ご覧のようにハワイアン航空コードシェア便として21:20羽田発のホノルル行直行便を選択することができます

ちなみにこの検索方法だと上記のようにハワイ島のコナを経由する経路だったり、他にJALやハワイアン航空がホノルル線を飛ばしている関空や中部や新千歳を経由する経路まで表示されます。

この方法を使えば福岡=ホノルルの旅程を考える場合に、往路は羽田経由で復路は成田経由として効率の良い経路を選択することができます

福岡=ホノルルで往路羽田経由のメリット

・効率の良い行程
・羽田空港国際線ターミナルのサクララウンジを利用可能

福岡=ホノルルで往路羽田経由のデメリット

・料金が上がる場合がある
・エコノミー、プレエコはJAL便の方が快適

この方法のメリットは往路で成田を経由する必要がないのが圧倒的に便利になることです。JALとハワイアン航空が業務提携してくれたからこそのルートですね。

さらにJALからの予約なのでハワイアン航空搭乗でも羽田空港でラウンジサービスなどのステータスサービスを受けることができることも大きなメリットとなります(ラウンジが利用できることはDPサポートに確認)。

デメリットとしては、ハワイアン航空運航便を利用する時ハワイアン航空において安価な運賃が売り切れになっている場合は、往路をJAL運航便で成田経由にした時より料金が上る可能性があります。あまりに値段差がある場合は、羽田ー成田間の移動のコストはタクシーを利用しても2-2.5万円ぐらいなので素直に成田に向かったほうがいいかもしれません。

またエコノミークラスやプレミアムエコノミー(ハワイアン航空はエクストラコンフォート)の乗り心地やサービスはやはりJALの方が上だとは思います。ただ往路は寝るだけ便なので、あまりこだわりは必要ないですが。

一応普通に検索した検索結果画面の一番下にある「ほかのフライトを見る」を選択すれば、同様に色々なコードシェア便を選択できるようになるらしいですが・・・なぜか表示されないので、今回のような方法を使っています。

JALとハワイアン航空業務提携におけるそれぞれのステータスの取り扱いについて

ワタシは現在JALの上級会員であるJGCプレミア会員であると同時に、ハワイアン航空の上級会員であるプアラニゴールド会員となっています。

2019年3月現在、それぞれの運航便におけるステータスの取り扱いは下記のようになっています。

ハワイアン航空運航便における、JMB上位会員(JMBダイヤモンド、JGCプレミア、JMBサファイア、JALグローバルクラブ会員)の方がハワイアン航空運航便をご利用される場合、およびJAL運航便におけるHawaiianMilesエリートステータス(Pualani Gold、Pualani Platinum)の方が、JAL運航便をご利用される場合につきましては、専用カウンターのご利用、受託手荷物無料許容量のご優待、手荷物の優先お取扱いサービスはご利用いただけません。

JALとハワイアン航空は業務提携を行いましたが、ハワイアン航空がワンワールドアライアンスに加盟したというわけではありません。

ハワイアン航空から予約したハワイアン航空運航便ではJALステータスの恩恵は今のところ受けれません

JALから予約したハワイアン航空運航便でも、JALステータスによる優先チェックインなどの優遇は受けれない可能性があります(サクララウンジは利用できるもよう)。

ハワイアン航空から予約したJAL運航便では、JALステータスの恩恵を受けれます

マイルの積算については、お互いの登録したマイレージプログラムにおいて積算可能です。

この記載だと、ハワイアン航空運航便ではJAL公式サイトから予約してもJALステータスの恩恵は受けれないことになりますが、電話で確認したところサクララウンジは利用できる、とのことでした。それだけでも十分助かりますね。

JALのステータスはエアライン修行で、ハワイアン航空のステータスはラグジュアリーブラックカードでゲットしています。みなさんもいかがですか。

【JGCプレミア修行総まとめ】2018年JALのJGPステータスを目指す旅を終えてのご報告|2019年のJGP修行の計画・展望も 日本航空(JAL)の上級会員であるJGC(JALグローバルクラブ)のプレミアステータス(JGCプレミア|JGP)を目標とした20...
【ハワイアン航空エリートステータスのすべて】ラグジュアリーカードブラック以上で得られるハワイアン航空のPualani Eliteを研究してみたハワイアン航空のマイレージプログラムはハワイアンマイルズですが、JALやANAのエリートステータスと同様に、ハワイアン航空のエリートステ...

福岡=コナ(ハワイ島)も往路が問題

では福岡からハワイ島のコナに向かう場合はいかがでしょう。実は考え方は全く一緒になります

JALのコナに向かう運航便は成田から21:25に出発します。

ですのでJAL公式ページからそのまま予約を入れようとすると、ホノルル行JAL便と同様に福岡ー成田の早朝便を選択して成田で長大な待ち時間が生じるか、羽田ー成田の陸上間移動が必要になります。

そこで往路は羽田空港限定で検索をかけることにより、羽田空港からコナに向かうハワイアン航空運航便を選択することができます

そうするとハワイアン航空23:55羽田発のコナ直行便を選択することができます

もし空席がない場合はハワイアン航空を利用してホノルル空港乗り換えでコナに向かうこともできます。しかし子連れ旅行の場合ホノルル空港の乗り換えは極力避けるべきと思います。

ただでさえ寝不足の中、子どもを連れてホノルル空港内を移動し、ラウンジで休むこともできずに搭乗口前で待ち続けるのはかなりきついです(経験談)。

復路に関してはコナ発成田直行のJAL運航便がベストです。成田で乗り換えてその日のうちに福岡に帰ることができます。

むしろハワイアン航空のコナ発羽田直行便を選択すると、羽田に着くのは22時を過ぎるため羽田空港周辺で1泊する必要があります。コレがまた時差ボケの影響などもあってかなりきつい行程なのです(体験済)。

ハワイアン航空のコナ直行便往復を利用したことがあるのですが、今回JALとの業務提携によってかなり使い勝手が良くなったことを実感します。

まとめ

地方空港を代表して国内間移動が必要な福岡空港からハワイに向かうための経路2019年版を検討しました。

JALとハワイアン航空の業務提携や、JALのハワイ島コナ直行便就航などにより、オアフ島のホノルルに向かうにもハワイ島のコナに向かうにも、往路は羽田を経由してハワイアン航空コードシェア便を利用、復路はJAL運航便を利用して成田空港を経由して福岡に帰ってくるベストな行程を組むことができます

現在ANAのダイヤモンド修行を行っていますが、少なくともハワイ島のコナに向かう場合は直行便があるJALやハワイアン航空を利用する方がどう考えても便利ですね。ANAのステータスを育てるより、JALのステータスをキープする方が大切のような気がしてきました。

そこで次回はANAを利用した福岡=ホノルルや福岡=コナの移動について検討したいと思います。ホノルルに直接向かう場合や、まだ日本からの直行便がないマウイ島を向かう場合は福岡=ホノルル運航便が便利な方を選択することになるので、ANAにも勝負の目があるかもしれません。

自由旅程で検索すれば、経由地を成田で限定することにより福岡ー成田のジェットスターの便も選択できます。

また同じようなやり方で関空や中部も経由地として選択することができます。

しかし福岡から出発する場合、ちょうどよい時間でそれらの空港を経由できるJAL運航便がないのです。LCCならあります。

また福岡空港に限定しないと、やはりどの地方から出発しても羽田空港を利用するのがもっとも便利が良いと考え、今回は経由地を羽田空港に限定しました。

コメントを残す