マイルの貯め方

【バイマイル上等のドットマネーモール月始めの戦い】100%還元コンテンツを申し込んでマネーもマイルも貯めよう|毎月1日の戦い

f:id:goutaro:20180227172547j:plain

誰もがお得に旅行に行きたいと思っていますが、旅行をお得にアップグレードできる1つの方法が「マイルを貯める」ことです。

航空会社のマイルを貯めると、そのマイルを利用して特典航空券としてお得な航空チケットを発券することができます。旅行する上で最も費用がかかる航空チケット代をマイルで購入することにより、ホテルなど他の費用に回すことができます。

しかもマイルで獲得する特典航空券は、お金を出して買うことなんてとてもできない高価な飛行機のビジネスクラスやファーストクラスチケットまでお得に発券することができるのです。

ビジネスクラスを利用するほどのマイルは流石に大量に必要ですが、ポイントサイトを活用すればマイルは驚くほど簡単に貯めることができます

しかしそれでも多少の手間が必要になります。そんな物ぐさなあなたに贈る必殺のマイル獲得方法があります。それが「バイマイル」と言われるマイルを購入する方法です。

そのバイマイル的に利用できるサービスに挑む毎月1日の戦いが

ドットマネーモール月始めの戦い!

と勝手にワタシが名付けているイベントです。何が変わろうと、月が変われば戦いも始まる、というわけです。

この記事は、バイマイル大好き同士、へのご案内です。ソラチカルートの閉鎖に伴いドットマネーモルでの100%還元コンテンツ購入の意義は薄れてきているのですが、それでもワタシは追い求めています。

2019年10月より消費税が10%になるため、真の100%還元コンテンツはドットマネーモールの表示上では110%になります。

  • 30,000円コンテンツ=33,000マネー
  • 40,000円コンテンツ=44,000マネー
  • 50,000円コンテンツ=55,000マネー

以上が真の100%還元率となる獲得マネー数となります。

ドットマネーモール|どんなサイト?

f:id:goutaro:20171030213231p:plain

ドットマネーモールでためる|アプリ・アメブロや広告サービスでマネーをためる

ドットマネーモールは、ANAマイルやJALマイルにも交換できるポイント交換サイト「ドットマネー by Ameba」が運営するポイントアフィリエイトサイト、のようなものです。時々掘り出し物の物件があるので侮れません。

そのドットマネーモールは「ドットマネー」のトップページの右下にひっそりとリンクが有ります。

ちなみに今回の話題で重要なのは「モバイルサイトのドットマネーモール」なのですが、スマホからアクセスすれば何も考えずにスマホサイトにたどり着きます

ドットマネーモールの月始めの戦いとは?

月始めの戦い」とワタシが名付けているだけなんですが、様々なポイントサイトやサービスで月が変わることをきっかけにキャンペーンを始めたり終わらしたりおトクな案件をぶっこんでくることはご存知と思います。

代表的なのは外食モニターでおなじみの「ファンくる」ですね。

モニターの人数制限が月が変わる時にリセットされるので、夜中の0時にみんなが殺到してアクセスできなくなるぐらい重くなります。

しかしコレに関しては、汎用性のあるモニターはそのうち復活することが分かってきたのであんまり焦らなくてもいいかなと思います。

ドットマネーモールの月替りと言えば、20,000-50,000円ぐらいする高額コンテンツが月替りに時間限定で100%以上の還元率で登場するのです。

その登場するのが毎月月始めとなる1日の0:00から10分間の超短時間なのです。その短い時間に有用なコンテンツか判断して登録して購入しないといけないのです。その激しさ故に「戦い」と名付けています

例えば2017年12月のワタシの戦いの軌跡はこちら。

【月始めの戦い】ドットマネーモール|今月も真の100%に届かず-100%還元コンテンツ 12月に入りました。そう毎月1日深夜0時から繰り広げられる「月始めの戦い」の時期がやってきたのです!   思い起こせば、ワタシが陸マイ...

最近は真の100%還元に届くことは少なくなってきましたが、後ほどご説明する「還元率フェイント」なる技で、まだまだオトクなコンテンツを探し出すことができます。

なので、還元率に関してはしっかり自分で確認して下さい!

還元率に関してどういう事かとざっくり説明すると、

  • 50,000円のコンテンツは税込みで55,000円支払う必要あり
  • 還元率が上がると、マネーが55,000円ぐらいの付与率になったりする
  • 55,000円の支払いで55,000円のマネーがポイントバック
  • ドットマネーは75%の交換率でTOKYUポイントを介してANAマイルに交換したり、直接50%の交換率でJALマイルに交換できる

という事です。

狙うのは主にJALマイルでしたが、TOKYUルートが開通となったことで、ANAマイルもお得に交換できるようになりました

【Theバイマイルの締めの作業|ドットマネーからマイルに】ドットマネーからJALやANAのマイルに交換する方法を解説します ドットマネーというサイトはかつて伝説的なポイント交換サイトでした。なぜなら各ポイントサイトから手数料無しでポイントをかき集めるこ...

もちろんその分怪しさたっぷりのコンテンツが並んでいますので、利用するかどうかは自己責任になります。トラブった時どこまで対応してもらえるかは未知数ですから。

ワタシは今のところトラブルの経験は1回しか無いです(解決済み)が、解約忘れるだけで数万の再課金がやってくるので、ハイリスクハイリターンと言う言葉を胸に刻んで下さい。

もしトラブったときに役に立つのはスクリーンショットです。以前トラブったときの解決にも役に立ちました。スクリーンショットは大した容量でもないので、コンテンツの還元率が載っている画面から、申込画面、決済画面、決済後のマイページ、すべてスクリーンショットで保存しておくことを強くおすすめします。

コンテンツの場所

2017年9月半ばにドットマネーモールはリニューアルをしました。その際やや使いづらくなったのですが、だいぶ利用する方も慣れてきました。

f:id:goutaro:20171030215229p:plain
f:id:goutaro:20171030215324p:plain
ドットマネーモールのスマホサイトにアクセスをして下までスクロール。「今すぐもらえる」をクリックします。
アクセス先のページもまた下までスクロールして「月額サイト登録で大量マネーをゲット」を選択します。
f:id:goutaro:20171030215506p:plain
f:id:goutaro:20171030215510p:plain

アクセス先の「再登録OK特集」まで行き着くと、ずらっと様々なコンテンツがそれなりの値段で利用できるようになています。

前はこの順番がマネー順になっていなかったり、「・・・円コース」と言うのが表記されていなくて実際は何%おトクなのかが分かりにくかったですが、だいぶ見やすくなっています。

表示される還元率が「110%」以上だったら、消費税を含めても100%還元以上になります

最高額が50,000円コースで、利用するなら55,000円が必要。上記のように48,000円のマネーバックなのでおトクじゃ無いですが、日付が変わるとドカン!と還元率が上がるので見ものです。

f:id:goutaro:20180227173007p:plain
f:id:goutaro:20180227173011p:plain

日付が変わった後は還元率が短い時間だけアップします。しかし左のように105%だと真の100%還元とはいえません。右は110%を超えた還元率なので、真の100%還元を超えています。ただスマホコンテンツなので、ドコモやau、ソフトバンクなどキャリア縛りがあるコンテンツも有り、すべてのコンテンツを利用できるわけではありません

最初の10分だけが勝負で、その後急激に還元率が下がっているのでまさに日付が変わるや否やの「月始めの戦い」となるわけです。ただ誰かと競争するわけではありません^^;。

還元率フェイントで、1日の最後の30分、つまり23:30以降に最高還元率を出したこともあるので、最初の1時間で還元率が悪い時はまる1日は注視しておいた方がいいかもしれません。ただフェントは無いことも多いので(下記に記載)、あんまり期待しない方がいいと思います。

最近に関して言えば、税込みで真の100%還元になったコンテンツは見当たりませんでした。50,000円のコンテンツなら55,000円以上、40,000円なら44,000円以上、30,000円なら33,000円以上に還元率がアップしてないと、100%還元とはいえません

マイルに交換するのならば98%程度だったら十分おトクなので、特典航空券目的だったらそれも「あり」です。

エコノミークラス1マイル=2円程度の料金なのであまりオトクでない
プレミアムエコノミー1マイル=3-4円ぐらいに換算できるのでまあまあお得
ビジネスクラス1マイル=5円ぐらいなのでバイマイルでも超お得
ファーストクラス1マイル=10円ぐらいなのでバイマイルは超お得

おおむね特典航空券に必要なマイル数とその時の航空チケット料金を比較すると上記のような換算率になるので、1マイル=2円ぐらいで最終的にマイルに交換できるこの100%還元コンテンツ購入チャレンジは、飛行機で旅行に出かけるヒトにとっては超オトクなのです。

戦いの時間は10分しか無いので焦りますが、それでもよく考えましょう。

還元率フェイントとの戦いとその軌跡

1年ぐらい前は最も高い還元率を出すのは1日になってから0:00-0:10と決まっていて、大変だったけど分かりやすかったのです。

しかしだんだんメジャーになってきたのか、収益が厳しくなってきたのか、その高い還元率を出すタイミングが月によって変化するようになりました。ワタシはそれを還元率フェイントと呼んでいます。

以下がワタシがドットマネーモール100%還元コンテンツ祭りに参戦してからの軌跡と還元率フェイントの結果です。

月始めの最高還元率|還元率フェイント
2019年10月101%|月替り前に104%, 再登録NG案件でmore
消費税10%に増税|真の100%還元は110%表示に
2019年9月104%|再登録NG案件で107.8%
2019年8月104%|日付が変わる前23時台前半に108%
2019年7月104%?|再登録NG案件で121%
TOKYUルート開通!
2019年6月101%|前日22時台に110%
2019年5月101%|23時半過ぎに一部で107%と言う情報
2019年4月104%|再登録NGコンテンツが110%
2019年3月121%|2日前に106%
2019年2月101%|17-19時代に106%,19:50頃111%と言う情報
2019年1月100%|23時台に106%のフェイント
2018年12月100%|なし
2018年11月102%|なし
2018年10月102%|日付変更前23:30-40に110%
2018年9月102%|なし
2018年8月106%|なし
2018年7月106%|23時台に110%のサプライズ
2018年6月102%|1時過ぎに104%までUP
2018年5月102%|なし
2018年4月102%|なし
ソラチカルート閉鎖!
2018年3月102%|なし
2018年2月105%|なし
2018年1月104%|日付変更の0時前に110%あり
2017年12月104%|なし
2017年11月104%|なし
2017年10月108%|なし
2017年9月起きれずdataなし|午後に還元率UP
2017年8月利用せず、記事もなし
2017年7月111%|なし
2017年6月寝坊
2017年5月参戦せず、記事なし
2017年4月115%

2017年の3月、2月、1月も利用していますが、流石に記事の体をなしてないので割愛します。また丸一日中経過を追っているわけではないので、抜けている情報もあるかとは思います。

基本路線は「101-104%」の還元率なので、マイルに交換しても絶対にビジネスクラスの特典航空券で利用できる人ならそれで十分「買い」とは思います。また101-102%までの還元率だった月は、一応その日の時々でいいので還元率に変化がないのかチェックすることをオススメします。特に23:30-0:00は要チェックです。

ワタシの場合はそうは行かないので、買うなら106%以上かな、と一応自分の中で線引をしています。

2019年に入って「再登録ではマネー付与不可」だけど高い還元率となるコンテンツがチラホラと出現しました。

再登録不可」なのでワタシが解説した方法では見つかりませんが、還元率が上がってくるとトップページにだいたい登場します。

この再登録不可(マネー再付与不可という意味)コンテンツは還元率すら表示されないので自分で計算が必要です(税込みを忘れないように!)。

ワタシは再現性(再登録でもOK)がないとこの戦いは長く続けられないので利用しない方針ですが、1発勝負でポイントが欲しい人は検討の余地があるかもしれません。もちろん再課金したりマネー付与失敗しても自己責任です!

ワタシの現在の戦略

ワタシは前はソラチカルートを2ルート回すために40,000円以上をつぎ込んでいましたが、今はJALルートがメインなので考え方を変えました。

まずドットマネーのJALルートはJALマイルへの交換率が52%です。2018年7月から50%の交換率が下がってしまいました

【月始めの戦い】ドットマネーモール|今月も真の100%に届かず-100%還元コンテンツ 12月に入りました。そう毎月1日深夜0時から繰り広げられる「月始めの戦い」の時期がやってきたのです!   思い起こせば、ワタシが陸マイ...

以前も検討しましたが、マイルの価値が「2円以上」と言われるのは、特典航空券の入手が前提となります。特にビジネスクラスだと有償チケットの値段を考えれば1マイル=5円ぐらいの価値にもなるでしょう。

ただ国内線や国際線エコノミーだと精々1マイル=2円ぐらいの換算になるので、ドットマネーモールのバイマイル的今回の案件で得たマネーをJALマイルに交換するのは、ほぼ等価交換になることもあるので積極的には勧められません。

ANAマイルを貯めるためには、ドットマネーを「メトロポイント」に交換すれば90%の還元率を誇った「ソラチカルート」に利用できたのですが、今後は利用できなくなります。

【ソラチカルート廃止】これからのどうするべきかを考えます 2018年1月9日火曜日、通常業務ならばとっくに仕事が始まっており、世間では始業式であるだろうこの日、ワタシがいる陸マイラー界隈では衝...

ソラチカルートに流せないと、Tポイントにまずは交換することによってANAマイルにも交換できるのですが、50%のANAマイル還元率になってしまいます。

しかし2019年4月からはTポイントからJRキューポポイントに交換できるようになり、結果としてLINEルートやニモカルートを利用することによりANAマイルは81%や70%の交換率でANAマイルを獲得できるようになりました

【ANAバイマイル上等!】TポイントからANAマイルへの交換率がJRキューポを通すことで劇的上昇|すべてのポイントをGポイントに流すことも可能に マイルを貯めるとマイルで発券できる特典航空券を利用してお得に旅行に行けるようになります。通常マイルを貯めるためには飛行機に乗るか...

ANAマイルを貯めるには、ワタシは「ニモカルート」を現在利用することにしています。

【最短4日間でANAマイルをざっくり貯めるニモカルート完全解説】ANA/VISAnimocaカードを使ってニモカポイントをANAマイルに交換 「陸」で貯めたポイントを利用して各航空会社のマイレージプログラムの「マイル」を貯めている方々は「陸マイラー」と呼ばれています。「...

交換率は70%となってしまいますが、交換スピードが比較的早いのでご検討してみて下さい(^O^)。

2019年6月よりTOKYUルートが開通し、月上限75,000マイルになってしまいますが75%の交換率となるので、こちらが主流となっていく予定です。

【さらばLINEルート】ANAマイルが大量に貯まるTOKYUルートの魅力と実力を確認|こんにちはTOKYU POINTと新たなANAカード 2019年6月6日、この日はワタシが愛してやまなかったANAマイルを貯めるための「ニモカルート」の命日として、ワタシの心の中で残...

2019年12月27日よりLINEポイントからメトロポイントへの交換が終了となります。

交換日数のことを考えると、LINEルートは2019年10月の時点で死に体も同然です。ご注意ください。

まとめ

ドマネの100%コンテンツ購入は、オフ会などで実際にお話すると、意外に皆さん参戦していたり興味があったりする方がちらほらいらっしゃいました。

あちらも商売なので、需要と供給のバランスで還元率も変わってくるのでしょう。1日0時の戦い時には、還元率がおトクなことを願っています。

最後に、すべて自己責任でお願いします(^^)。

コメントを残す